海外旅行で携帯電話の充電器を長持ちさせる方法

充電器がなければ旅行が成り立たない時代?

iPhonやAndroidでSIMフリーのスマートフォンが広まっているので、
海外旅行でも日本で使うMyスマホを使える人が増えています。

海外ではコンセントの形や電圧(V:ボルト)が日本のルールと違うので、
その国の仕様に合わせてアダプターを変えないといけません。

国をまたぐ海外旅行では、荷物が多くなりがちです。
あれもこれも揃えると大変なので、
いかにシンプルに荷物をまとめるかが重要です。

携帯電話の充電器を長持ちさせて、
かつ、シンプルにまとめる方法をご紹介します。

カメラやパソコンの充電器も同じですので、
電源周りの悩みはこれでオサラバしましょう!

コンセントプラグと電圧のイロハ!

まずは充電器を使うときに気をつける初歩的な問題を
おさらいします。

まずはコンセントプラグ。
プラグの形は国際的な統一がされてないので、
いろんな種類があります。

ただ、今は4種類のプラグを揃えれば、
ほとんどの国のコンセントで充電器が使えるようになります。
厳密にはもっと必要ですが、以下の4タイプを揃えれば大丈夫です。

4つのプラグの名前は、

・Aタイプ(日本、アメリカ、中央南アメリカ)
・Bタイプ(マレーシア、香港、インド)
・Cタイプ(ヨーロッパ)
・Oタイプ(中国、台湾、オセアニア)

( )内の国は主に仕える所です。
厳密にはもっと細かく分かれますが、初めてプラグを買う方は
ひとまずこの4タイプを意識してみてください。

バラバラに買うと、
旅行中に無くなってしまうのでセットで買うといいでしょう。

国別のプラグの形を知りたい方は、
下記のホームページが参考になります!

参考サイト:Travelerscafe World gallery

次は電圧のお話です。

上に紹介したリンク先では、
国別の電圧が載っています。

日本は国際的にも電圧が低い国で100V。
海外では、110V、220V、240Vが主流になっています。

携帯やパソコンの充電器は「100V-240Vの間で対応可能」なので、
電圧の数値だけをみれば、変圧器が必要なく感じるかもしれません。

ですが、海外、とりわけ途上国は電圧のムラがあります。
僕はフィリピンやインドでMacbookairの充電器がおかしな温度になった経験があります。
電圧の数字はパス出来ても、実際は充電器に負担が掛かってるかもしれません。

例えどの電圧でもOKな充電器(=日本の全ての携帯電話の充電器)でも、
日本で使うよりも消耗が早い可能性が高いです。

結果、変圧器を通して充電器を使ったほうが、
寿命が長くなります。

やっぱり、日本で作られた充電器は、
日本と同じ環境で使い続けるの事が長持ちの秘訣な気がします。

まとめると、
4種類のコンセントプラグと、変圧器をセットで旅行バッグに入れておくと、電源周りの問題は一安心でしょう。


Amazonで一番売れている変圧器とコンセントプラグのセットです。

それでは、ありがとうございました!

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする