花粉症対策大百科(希望の光は舌下免疫療法)

花粉症で鼻水が出て頭がボーとする男性

3月、4月の僕はまさにこの状態っす(´・ω・`)

こんばんは、Syurimpです。

毎度の如く、
僕は花粉で苦しんでいます(;O;)

はぁ、なんとかならないかなぁ。。。


こんな感じで、
最近の前置きはいつも「花粉症」から始まって、
なんだかありきたり感が出ている今日このごろですが^^;

「じゃあ、花粉症について何か役立つ事をかきゃあエエじゃん!」

そんな神のお告げを突然受信しまして、
今日のメルマガは「わたくしの花粉症対策」でございます”笑

スポンサードリンク

僕の花粉症対策。。。の前に!

僕は沖縄生まれなので、
元々花粉症にはなってませんでした。
(沖縄にはスギ花粉はないですからね)

【参考記事】
⇒沖縄花粉情報をチェックしてうちな〜花粉さよならタイムを!

僕が花粉症に陥ったのは、
名古屋で生活していた大学生の頃。

もう、地獄で地獄で、
今では春にやってくる暖かさよりも、
花粉症のツラさが先にやってくる次第です。

沖縄生まれの方は、
沖縄に居続ければ花粉アレルギーが反応せずに一生を過ごせます。

でも、僕はいろんなところで過ごしたかったもん(*^^*)テヘ

からの、花粉症です^^;

ブログでも書いてますが、
沖縄と北海道では花粉症になる事はほとんどありません。

花粉症で苦しんでる方は、
3月、4月はこのどっちか(もしくは海外)で過ごすと、
1年中充実しますよね〜

そんな僕は、
おととしは北海道(=札幌)に行ってました。

水曜どうでしょうが大好きっ子なので、
どうでしょうの聖地巡りをしたり、
すすきのをぶらついてラーメン巡りをしてました。

すすきのは驚きますよ。

東京でも経験できないスケールの歓楽街があります。

女遊びの場所でもあり、ラーメン巡りの場所でもあります。
(むろん、僕の目的はラーメン巡り!)

そんな事はおいといて、
花粉症対策のシェアですね。

花粉症対策は去年から始まってる

花粉症というものは、
3月、4月の真っ盛りの対策しようとするものではありません。

花粉が出てくる数ヶ月前から対策を講じるのです。

例えば、眼科に行けば、
花粉アレルギーを抑える目薬などがもらえますが、
使うべきタイミングは遅くても1月とか。

本気で花粉から身を守るには、
12月から目薬を投与しても良いんです。
(むしろそうあるべき)

眼科医は、2月始めでも遅いくらいって言ってました。

僕の花粉対策のその1は目薬です。

しかも、市販のものではなく、
眼科医から直接処方してもらう目薬ですね。

なんか効き目が違うみたいですよ。

市販のものは、
法律によって薄い効き目のものしか売ってない。
そのパターンですね。

僕の場合、

  1. のど

の3点セットでやられてしまいます。
(ひどい人は皮膚の痒みもあるそうです)

なので、鼻水やくしゃみ。
これらを予防するために足を運ぶのは耳鼻科です。

また、僕が通ってる耳鼻科では、

  • 鼻スプレー
  • 飲み薬

をもらいました。

先の眼科の処方薬の「目薬」と合わせて3つ。
この3つを毎日欠かさず、指示されたとおり処方する。

これが花粉対策のキモです。

「毎日」というのが鬼門ですよね。

習慣づけられるか否か。
守らなければ花粉ライフが待ってるので、
めんどくさがらずにせっせと処方しましょう。

時間にして3分もかからないので、
感覚としては歯を磨くのと一緒です。

僕はこの3点セットで、
だいぶ花粉から身を守れました。

スポンサードリンク

花粉を完治する可能性ある「舌下免疫療法」とは?

といっても、
花粉アレルギーに一度発症すると、
二度と治らないと言われてます。

先程シェアした3点セットも、
あくまで花粉の症状を「抑制」するに他なりません。

症状を直すのではなく、
症状を抑制するのが限界です。

理想は花粉アレルギーそのものを撲滅すること。

(ToT)「Syurimpお前沖縄帰れや!」

という声も聞こえますが、
僕は沖縄で過ごした時のあの快適さを春の東京でも味わいたいのです。

僕と同じ気持ちの人もいるはずです。

そんな僕らの事を思ってか、
つい数年前から一筋の光が差し込んできたのです”笑

光の名は「舌下免疫療法」。
(なんだか中二病を患ったフレーズですなぁ)

素人ながらかいつまんで言うと、
インフルエンザの予防注射的な治療方法です。

予防接種では、
弱ったインフルエンザの菌を注射します。

身体の中に弱った菌を入れて、
それを馴染ませて菌に対する抵抗をつけるのが、
予防接種の目的ですよね。

舌下免疫療法も同じです。

スギ花粉が含まれた薬を、
舌の下(シャレじゃないですよ)に投与します。

最初は濃度の低い量から投与し、
スギ花粉をじょじょに身体に慣らしていきます。

スギ花粉のアレルギーを持ってる人のおよそ80%が、
舌下免疫療法によって花粉を完治(または症状を軽減)する事が出来るとのことです。

こちらのクリニックの説明が大変参考になります。

【参考サイト】
ゆたクリニック
⇒スギ花粉症の舌下免疫療法とは?

こうした医療に関わる情報をインターネットで調べる場合は、
専門家の目が届いてるサイトであるかが重要です。

例えばゆたクリニックは、
クリニックとあるようにお医者さんの目が通った情報です。

また、一般的なポータルサイトでも、
お医者さんによる監修があるかどうかで、
情報の信憑性が違ってきます。

というのも、
ウェブサイトの情報の質において、
去年末に大々的な出来事がありました。

俗に言う「welq事件」です。

医療情報のキュレーションサイト「welq(ウェルク)」における、
情報の質のずさんさが露呈された事により、
ウェブサイトの情報の信憑性について、
改めて意識する出来事となりました。

僕もタビカチをはじめ、
複数のブログやサイトを運営管理してるので、
決して他人事ではないですね。

ネットの情報は実質タダですが、
タダだからこそ情報の質を意識する事になります。
(タダより高いものは無い、とはまさにこの事です。)

これから、
質の高い情報というのは、
有料化していく流れだと思います。

情報というのは形にならない。つまり無形です。

無形のものにお金を払う価値なんて無い。
というのが一般的な価値観でしょう。

ですが、僕らは今まで新聞や雑誌を購読するには、
月間いくらか払っていました。

なので、別におかしな事ではないんですよね。

僕も自分で発信した情報を販売しています。

タビログでは、
月10万円を生み出す資産ブログを構築する」事をゴールにして、
そのノウハウや考え方についてメルマガとビデオを持ちて発信してます。

タビカチメルマガに登録した方限定でご招待させて頂いてます。
⇒詳しくはこちら!

ヨーグルト、バナナ、お茶も効果あるの?

花粉症に効く食べ物もあるみたいですが、
それが実際に効くのか、ぶっちゃけプラセボ効果なのか、
正直僕は判断できません。
(どっちの要素もあるのだと思います。)

こういう時は、
専門家のご意見を承りましょう!

厚生労働省より引用致します。

(2) ヨーグルトは効果がありますか。

  腸内細菌を変化させると体内の環境がアレルギーを抑えるようになると考えられています。
しかし、ヨーグルトを毎日食べるブルガリアの人でもアレルギーの病気はありますので、
花粉症を完全に治すことは難しいかもしれませんし、実際の効果の程度は不明です。

引用:厚生労働省 花粉症Q&A集(平成22年度)より

う〜む。お役所らしい結論ですm(_ _)m
まぁ、仕方が無いですよね。

あと、厚生労働省のサイトでは、
お茶についても言及されてましたよ!

(1) お茶は効果がありますか。
  甜茶ポリフェノールはアレルギーで生じるヒスタミンの作用を和らげる効果があると言われますが、
実際の患者さんでの効果は不明です。

引用:厚生労働省 花粉症Q&A集(平成22年度)より

厚労省の引用では、
「甜茶(てんちゃ)ポリフェノールはアレルギーで生じるヒスタミンの作用を和らげる」
とあるので、この成分が花粉症対策に有効かもしれない、
という事がわかりました。

お茶そのものが花粉症に効果ありではなく、
お茶の成分にある〇〇が効果がある(かもしれない)。

というのが論旨ですね。

甜茶のエッセンスがが凝縮されたカプセルなどがありますよ。

⇒甜茶(てんちゃ)400

大手のサントリー系列の会社が出してるので、
ちゃんとしたサプリメントだと思います。

一応、厚労省のこの記事も参考にして、
花粉症対策のために飲むかどうか決めて下さいね!
(どんな対処法であれ100%治ると断言できるものはありません)

1次ソース(実学的な観点からみれば行政省庁の情報は1次ソース扱いでOKでしょう)から得る知識って重要ですよ。

これからもっと大切になってきます。

ではでは、長くなりましたが、
これだけ知識あれば花粉症も怖くない!?

花粉症対策は個別の相性もありますので、
これが解決策です!というつもりはありません。

ケーススタディの1つとして読んで頂ければ幸いです。

今回は以上です。
ありがとうございました!

スポンサードリンク

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする