同性愛者の割合は分からない。ただ性的マイノリティへの理解は大事だと思う。

〜虹(レインボー)はセクシュアルマイノリティの象徴なんです〜

 2015年は同性愛者への融和策が渋谷からアイルランドまで広がった

タビカチです。

5月も終わりに差し掛かり、

本格的な夏場到来といった感じです。

その前に、梅雨があるんですけどね(T_T)

雨は雨なりの楽しさがあるものですよ!

僕の地元(沖縄)は、
にわか雨や台風がよく通ります。

沖縄旅行で雨に当たるとブルーになりますが、
逆転の発想で雨でも(雨だからこそ)楽しめる旅行プランを

予め練っておくといいですよ〜

いろんなパターンの旅程を考えるのも、また楽しいものです!

沖縄の夏休み旅行は台風を予測して実現できるか?
観光シーズンの7,8月はだいたい月4つの台風が通過する模様です。台風とうまく付き合う夏休みを!

さて、僕の第二の故郷?東京。

このブログを書いているのは渋谷区のどっかなんですけど。。。

最近、男女平等に関わる条例が、

全国で初めて渋谷区で可決された事はご存知でしょうか?

渋谷区/渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例
渋谷区のこちらのページから条例の全文が閲覧できます

2015年(平成27年)4月1日施行ですので、
今この瞬間も機能してる条例でございます。

厳密な定義は条文を参照して頂ければと思いますが、

同性同士のパートナーを男女婚姻の関係と同定義にする価値観を!
という事です。

条例は、男女平等や多様性の尊重をうたった上で、「パートナーシップ証明」を実施する条項を明記。
パートナーシップを「男女の婚姻関係と異ならない程度の実質を備える関係」と定義し、
不動産業者や病院に、証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に扱うよう求める。

引用元:日本経済新聞【同性パートナー条例が成立 渋谷区議会で賛成多数】
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040010_R30C15A3000000/

渋谷区では、男女平等や性的マイノリティーがより良く生活できるような、
セミナーや情報共有を行う施設もあるみたいですね。

渋谷男女平等・ダイバーシティセンター|渋谷区文化総合センター大和田
男女平等と多様性社会を推進することを目的とし、の実現を目指し、さまざまな問題を解決するための学習・活動・交流の拠点となる施設です。

そして、5月23日は、
アイルランドで同性婚を合法とする憲法改正が、
国民投票によって可決。

日本語では写真がちょこっとのニュースしかネットで見られなかったですが、
アイルランドに近いBBCを始めとしたイギリスでは大きく取り上げられています。

⇒ BBC(イギリス国営メディア)
⇒ the Guardian(イギリス大手メディア)
※ 暫く経ちますと閲覧できない状況になるかもしれません。ご了承下さい。

同性愛者と接する体験は多様性の価値を理解するキッカケになります

性的マイノリティが暮らしやすくなる世界は、
僕は良いことだと思っていますが、
それに抵抗を持つ人も多数いる人も事実です。

多分、周りにマイノリティの方が、
当たり前にいなかったからだと思います。

いたとしても、カミングアウト出来ない環境だった。

だから、性的マイノリティ(ゲイ、レズビアン)と、
知り合って話す経験が必要なんだと思います。

性の違いは大きなもとだと捉えられますが、
ホントは小さな違いに過ぎなんだという価値観を持つべきなんじゃないでしょうか?

口元にちっちゃなホクロがあっても、
それはチャームポイント(魅力)のひとつです。

それくらいの感覚で接するのが、
マイノリティの方々が

リラックスしたライフスタイルを送れる価値観なんだと思います。

海外を巡ると、そういった方とよく会います。(俺だけか?)

タイでは、ニュージーランド出身のオネエの人と話しました。

インドでは、自己紹介の時、
「僕ゲイなんだよ」ってフランクに話してくれる男性がいました。

これはカミングアウトではありません。

「僕は二十歳の学生です」くらい当たり前のように自己紹介で話します。

渋谷区では条例が可決されました。

ですが、条例が出来たから
人々の価値観が一気に180度変わる様な単純な世界ではありませんから。

日本でもそういった価値観が生まれてくるといいですね。

カミングアウトを辞書で引くと、

「社会一般に誤解や偏見を受けている(同性愛者などの)
少数派の主義立場であることを公表すること。」

とありました。

なので、同性愛者という事をカミングアウトして、
それが受け入れられる社会になるのではなく。

もっと、ナチュラルな、
ありふれた魅力のひとつとした自己紹介になると良いですね。

性的マイノリティに限らず、
そうした少数派の苦労や境遇を理解する経験は、
海外旅行すると度々あります。

そした経験も人生が拓ける要素なんじゃないかと感じます。

それでは、今日は以上です。
ありがとうございました!

覚えておきたい! セクシャル・マイノリティの用語解説【前編】
「言葉で定義する」というのは他者を理解する第一歩です。

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする