タビカチの理念

cropped-4.png

なぜ、タビカチがあるのか。

タビカチの存在意義とは何かについて。

職業バックパッカーな個人がいてもいいんじゃない?

バックパッカーという概念を、職業にしちゃうような生き方があってもいいんじゃないでしょうか?

どうやってという方法論は僕自身にもまだ分かりません。

(あるけど、まだフワフワしている、といった感じです)

でも、放浪しないと分からない事ってあると思うんですよ。

そして、放浪して感じた事を、頭のなかで深めて既存の要素と繋げることで、新しい価値が生まれてくる事ってあると思うんですよね。

その土地の雰囲気が理解できるし、その土地の臨場感を体感する事で、その土地の事を理解しようと自然と学ぶと思うのです。

放浪そのものは海外でもいいし、国内でもいいし。

ってか、バック担いで汚い服(カモフラージュ)でふらふらするのが、放浪だとは僕は思ってないので、間逆なスタイルのタビでも良いんですよ。

「その土地」ってワードばっか使いましたが、その先に待ってるのは結局「人間」なわけです。

タビする先には国があり地域がありますよね。

社会やコミュニティといった呼び方もしますね。

でも、どんなに大きな集団(一番大きいのは「国」です)に行き着く先には「人間」がいる訳です。

「人間=個人」と捉えて下さい。

結局は、個人を理解する所がスタートなわけです。

異国(となり町でもいいんです、お隣さんでもいいんです)を理解するには、そこにいる人から始める。

それって実際にタビしないと分かりませんよね。

そうした理解を育みながら移動出来る人を僕はバックパッカーだと思っています。

「ヒッピー街で酒のんでるだけがバックパッカーじゃないんだよ!」

価値ある体験があるんだから、

それを「職業」として成り立たせる働きを世の中に示してもいいんじゃないのかな?

って感じです(´・ω・`)

今は、個人で発信するインフラが整っているので、誰でも「職業」に出来るわけです。

世間がそれを認めるかどうかは知らないけどね。

別に本業にしなくてもいいし、

副業的なポジションから始めてもいいので、

こうした生き方で情報発信する人が増えてくれると、

もっと世の中良くなるかなぁなんて思う次第であります。

消費のタビから生産のタビへ

既存の旅行は「消費」にフォーカスしています。

いや、それ自体は良いことですけど。

でも、旅行の良さって、見たこと無い、聞いたこと無い出来事から、

学びがあるからであって、観光地行って美味しいもの食べて、おみやげ買って、

写真とって、おみやげ買って。。。。

それで終わってしまえば旅行を「消費」した段階でストップしてしまします。

タビカチ的には「消費」を踏まえて「生産」する事を目指します。

タビから感じた事を生産して自分から発信することで、新たにタビする人を増やすムーブメントを作っていきたいです。

そうした仲間と一緒に、なにか巻き込んでいきたいですね。

旅行ブランドを作りたい。旅行ブランドを生み出す人を作りたい。

これは旅行会社を作るって意味ではありません。

旅行を通して世の中に良い影響を与えられる人が増えて、結果としてその人個人がブランドとして確立する。

その人に価値を感じる事が当たり前になるの社会がやって来て欲しいです。

若者の海外離れって話題がメディアで騒がれてますが、若者に限らず、旅行ブランドを引っさげた人の行き来が国内海外で活発になると、

東京五輪が盛り上がるし、五輪後の縮小する日本においても、

希望をつなぐことができるのではないでしょうか?

日本が小さくなるのは、もう決定事項なので。僕らはそういった未来でどう生きていくのかを考えなきゃいけません。

【メールマガジン発行しています!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

【タビカチメールマガジンのかんたん登録3ステップ!】

  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 登録フォームの「メンバーサイトログインパスワード」は 9c17iy と入力下さい

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする