管理人の旅行記

あまおうが関東でイチゴ狩り出来ないワケは?

Strawberry3

イチゴの歴史は東西で異なる?

 

 

こんにちは、タビカチ管理人のSyurimpです。

 

 

 

2015年の最初に、「関東でペット同伴のイチゴ狩りが出来る所は」と題して、ひと記事書きました。

 

 

そしてイチゴ繋がりで第二弾。

 

今回はでっかく甘い「あまおう」に注目しました!

 

 

比較的最近出来た品種(2002年に世に出ました)ですが、知名度は他のいちごより頭ひとつ飛び抜けた感じがします。

 

あの迫力ある大粒と、名前の通りの甘さがお客さんの心をつかんだのでしょうかね(・∀・)

 

 

ちなみに、あまおうの産地は福岡県です。あまおうが産まれるまでは、「とよのか」という品種が福岡ではメジャーでした。

 

 

今もとよのかは食べられていますが、甘さや粒の大きさが小ぶりなため、あまおう、とちおとめに押されている模様です。

 

【参考リンク】
Wikipedea - いちご - 日本の主な商業栽培品種の項目より

 

 

 

1990年代までは、

 

 

東の「女峰」/ 西の「とよのか」 でしたが、

 

 

2000年代に入ると、

 

 

東の「とちおとめ」/ 西の「あまおう」

 

と表現されているみたいですね。

 

 

共に、栃木県と福岡県の東西対決になっています。切磋琢磨して私たちにイチゴを届けているのですね(^^♪

 

 

その他、北海道、群馬、奈良、静岡、そのた多くの地域でも、イチゴの品種登録がされているみたいですね。

 

 

 

あまおうが栽培されているのは福岡県だけ!

hukuokaken-bywiki~Wikipedia 福岡県より~

 

 

このブログでは結論をタイトルにしちゃうので、読んでいて面白みがないかもしれません”笑

 

 

そして本題に入る前に、先ほどの様なちょっとしたコラムを書く変な癖もタビカチには付き物です”笑笑

 

 

 

さて、本題 ^^;

 

 

 

実は、ペットをイチゴ狩りに連れて行きたいという疑問は、結構ありました。

 

 

 

と同時に、「関東であまおうをイチゴ狩り出来る場所はないか?」

 

 

という疑問もこのシーズンになるとチラホラ聞こえてきます。

 

 

それで、結論なんですが(もう言ってるし)

 

 

「あまおうのイチゴ狩りは関東では出来ません!」(*´ω`*)

 

 

 

理由はシンプルで、

 

 

「あまおうは収穫から販売まで福岡県でしか行えない」からです。

 

 

 

これは、福岡県によるブランディング戦略が根幹にあるみたいですね。

 

 

ここで参考になる資料をひとつ。

 

 

【参考リンク】
特許庁技術懇話会 - 特技懇志 - No.256「輝き続ける農業技術」

 

特許庁技術懇話会とは、特許庁の関係者で構成される団体のひとつで、特技懇志はその団体が発行している会報です。

 

会報なので外部の人でも誰でも閲覧できますよ。

 

こちらの団体では過去の記事がPDFファイルでアーカイブされていて、ページのひとつひとつがカラーで見やすく編集されてますね(*^_^*)

 

 

内容もそこまで専門的な言葉が並べているわけでもなく、素人が読み込んでも面白いですし、単にググるだけでは知らない知識に巡りあえます。

 

 

 

それで、リンク先にあるNo256の【イチゴ「あまおう」の開発・普及と知的財産の保護】というページを引用させていただきますと、

 

 

この品種を栽培し、収穫販売できるのは福岡県内の生産者だけに限定することとしました。
~特技懇 No256 52項より~

 

 

 

と記載されており、

 

 

 

栽培を県内に限定した理由は、県内農家の利益と産地競争力を確保することもありますが、品質の良い果実を生産し、ブランド力を高めるためには栽培管理の指導が行き届く県内に限定することが良いと考えられたからです。
~特技懇 No256 52項より~

 

 

事を理由としているようです。

 

 

確かに、ネットが発達した今だからこそ、栽培管理を徹底しないと偽あまおうが出回りそうですからね^^;
それに地域での雇用も促進されます。

 

 

 

資料によると、過去に許可を得ずに勝手に栽培した事件があったそうですし。

 

たくさんの品種が日本にあるなかで、雑種的なイチゴがあれこれ発生するリスクがあるようなら、管理をしっかりする方が良い気がします。

 

 

 

あまおうに限らず、イチゴ、フルーツ全般が、大きくなって甘くなって頂けるようになってるのは、品種改良を重ねに重ねているわけですね。

 

 

 

ちなみに、日本でブランドを築くと同時に、あまおうは香港、中国、台湾といった近隣のアジアを中心に海外ブランディングも進めています。

 

また、ロジスティクスの発達でしょうか。そこからアメリカやロシアなどの大国まで販路を広げています。

 

 

 

生産地を1か所にしたなま物だから、海外販売も近場に限られるのではないか?

 

 

技術的なカバーで制限がどんどん無くなってきそうですね。

 

 

 

 

関東で食べるにはデパートかお取り寄せになる?

Strawberry2

 

てなわけで、

 

 

「関東であまおうを食べたければ直接買いに行くかお取り寄せする」に限ります。

 

 

イチゴ狩りは出来ないのですが、関東でも東海でも沖縄でもデパートやスーパーで買うことであまおうがGETできます。

 

 

 

あまおうはイチゴの中でも高級品に入りますから、敷居の高そうなスーパーや百貨店売り場とかならシーズン中(12月〜4月辺り)に売っていそうですけど。。

 

 

その期間以外はお取り寄せじゃなきゃイチゴは頂けそうにありませんよね。

 

なま物で柔らかいイチゴを通販での購入するのは、運送が発達している昨今でも気が引けるかもしれません(^_^;)

 

イチゴが配達で届くってだけでも、海外からしたら「スゲェ!」ってなるんですが。。

 

 

ここでこそ参考になるのは買ったお客さんのレビューです。

 

楽天やYahooなどユーザーが多いサービスは、業者さんや商品の感想がたくさん集まっていますので参考になります。

 

 

【参考リンク】
⇒楽天「あまおう」ランキング

 

⇒Yahooショピング「あまおう」コーナー

 

 

それでは、今日はこの辺で。
ありがとうございました!

 

 

 

 

-管理人の旅行記

Copyright© 良いものを坦々と紹介するブログ , 2019 All Rights Reserved.