男一人旅を続けたからこそ話せるおすすめの理由

インドカンニャークマリのコモリン岬

〜 インドの一番南にあるコモリン岬から一枚 〜

写真はインド最南端にあるカンニャークマリという町。

岬の先ある小島は「ヴィヴェーカーナンダ・ロック」と呼ばれる聖地です。

タビカチ@Syurimpです。
夏休み開始まであと一ヶ月を切りましたね。

皆さんどんなタビを計画していますか?

僕は夏休みのある期間は、

一人旅の時間を作る事を強くオススメします。

さり気なく上半期が過ぎ去って、
一年の3分の2になるタイミングです。

今持っている目標や取り組んでいる事について、
また、自分の周囲の人との関係について、整理できる大切な時間だと思いませんか。

なので今回は来る夏休みに向け、

「ひとり旅」をテーマに若臭く語りますm(_ _)m

スポンサードリンク

おひとりさまブームの根本は旅行にも当てはまるのか?

〜 初めての一人旅は不安です。でも心配いりませんよ。 〜

〜 初めての一人旅は不安です。でも心配いりませんよ 〜

最近は「おひとり様ブーム」ですね。

ずいぶん前の話ですが、
テレビの情報番組で「お一人様焼き肉」というお店が特集されていました。

焼き肉って皆でワイワイ飲み食いするイメージがありますよね。

部活の打ち上げとか、会社の同僚と飲み食いする場だとか、
僕も例外なく皆でワイワイする時に焼き肉を使っていました。

そんなイメージで使われるのが当たり前だった焼き肉が、
一人でも行けるように個室テイストの間取りで、
他人の目を気にせずにお肉を頬張れる様になれたんですね。

来るお客さんのニーズとしては、

・自分のご褒美にお肉を他人の目を気にせずお肉をドカ食いしたい
・しこたま焼き肉が食いたい衝動に駆られたけど、

その時一緒に来てくれる友達が見つからなかった

などなど。

一人で楽しみたい人もいれば、
一人で行かざるおえない人もいるんじゃないかぁと思います。

そんな時、お一人様専用の焼き肉があると便利ですよね。

ビジネスとしても目の付け所があったんじゃないでしょうか(*´∀`*)

では、おひとり様旅行のニーズとは何でしょうか?

いろんな要素が混ざると思いますが、
僕は(今のとこ)大きく2つにまとめています。

・行動の意思決定
・見聞きした事を黙々と考える時間

です。なんだか下手くそにアカデミックな文章をこしらえたので、
くだけた説明をさせて下さい”汗

行動の意思決定とは、
自分の行きたい所に行く!
やってみたい事をやる!

という極めてシンプルな事です。

いくら気の合う友達や仲間と旅行しても、
行きたい所やってみたい事が、全て同じなんてありえません。

なおかつ、終日同じ行動をするとなると、
ひとり行動をしてみたい時もありますよね。

集団⇔ひとりのリズムが、
その旅程の中で絶妙なバランスを保てば良い事です。

初めてひとり旅に行きたい衝動に駆られたなら、
大人数の旅行ではどうしても出来なかった事を
やってみたい欲が湧いてきたかもしれませんね。

もう一つは、
旅行という非日常的な空間で「考える時間」を得たい時です。

人生の転機の決断が迫られた時や、
今行っているプロジェクトが煮詰まった時、
ビジネスのヒントを探し求める時、
そうしたヒラメキを求めてひとり旅をする人は結構います。

友達や家族で行っても、
隣には自分以外の人がいるので、
なんだかんだ自分以外に対して思考する時間が求められます。

他人を思いやるとか家族の事を考える。
もちろん、それ自体は大変素晴らしいものです。

でも、まっさらで一人になりたい時間が欲しくなるタイミングは
誰でもありますし、あっていいものではありませんか?

あと、ソーシャルな世の中になって、
意図せずに自分の事が他人に知れ渡る事が当たり前の時代に突入しました。

言い換えると、自分が伝えたい事と、
拡散する情報の中身はイコールにならない。
そんな場面に遭遇する可能性が出てきたという事です。

それが積み重なると、
今までの人間関係をリセットしたくなります。

特に職場の人間関係は、
働く全ての人がぶち当たりませんか?

【関連エントリ】
⇒仕事辞めてストレスフリーではなくストレスある仕事を辞める

でも、そうした人間関係は、
あくまで一過性なトラブルかもしれません。

そういう時は、
一度自分の頭をリセットするに限ります。

スッキリするという事ですね。いわばガス抜きです。

ガス抜きをし忘れると、
相手の事を理解するチャンスを逃してしまい、
本来良くなるはずの人間関係が途切れてしまいます。

一人旅はガス抜きの機会でもあります。

自分だけの時間を楽しんで下さい。

その時の会話相手は「自分」です。

人間は、自分が自分の心に語りかける回数が、
一日数千回と言われています。

自己対話、セルフトークとも言われてますが、
自分の為にありったけの時間をとってセルフトークをする事が
人生を豊かにする秘訣だと僕は考えています。

スポンサードリンク

一人旅(ひとり旅)=独り旅、では本質的に違う!

photo credit: Loneliness via photopin (license)

photo credit: Loneliness via photopin (license)

なんだか暗い話に聞こえるのは僕だけでしょうか(´・ω・`)

ズッシリくる重荷を背負わねば、
一人旅なんて出来ない。そんな物言いでしたね”汗

一人旅では基本一人で行動し、
旅で得た経験を感じることになります。

なので必然的に、
わいわいがやがやな旅行では表に出さない
自分の中にある「重み」と正面から向かい合います。

わーきゃー楽しみたい旅行は、
友達で集まって楽しむべきです。

なので、これは住み分けの問題ですよね。

集団で楽しむ旅行の良さ、
団体ツアーで楽しむ旅行の良さ、
一人で楽しむ旅行の良さ。

旅の「良さ」はそれぞれあります。

その良さを伝えるべく一人旅にフォーカスしたら、
「ガス抜き」や「人間関係」、「悩み」など、
人生を送る上で避けては通れないワードが出てきます。

・・・・・

さて、話をどんでん返しにしようかと思います。

それにはこの質問を投げかけるのが一番手っ取り早い”笑

いったん一人旅をするって決意したら、
最後まで貫徹しなければいけないものでしょうか?

一人旅には、
孤高を貫くイメージが付いてきますよね。

そのイメージに憧れて旅の支度を始めた人がこのブログに来たのであれば、
ちょっと旅行の準備を止めて最後まで読んで頂きたいです。

孤高もカッコイイいですが、

更に充実した一人旅が出来るようにアシストしていきますよ〜

初めに、一人旅の必要性について書きました。
一人旅は自分のための自己対話を繰り返す旅です。

だけど、旅をしている間、
自分しかいない状況が続くのもなんだか息詰まる感じがしませんか?

確かに自己対話(セルフトーク)は大切です。

しかし、それだけに終始するとハッキリ言えば虚しさが残るのです。

これは僕自身のひとり旅経験から断言できます。

人間は自分と他人が存在して初めて自分を認識するのです。

ひとり旅といえど、
ずっとひとりだと、
それは「独り旅」です。

一人と独りは違います。

孤独の「独」とあるように、
他人を拒絶した生き方は人生豊かにしません。

一人旅の中に自分と他人をバランス良く組み込む事が充実した旅の近道です。

スポンサードリンク

今は、一人旅行とみんなで過ごす時間のバランスが取りやすい時代

僕らが生まれた時代は運がいいことに、
そのバランスを補ってくれるツールが揃っています。

一人の時間を大切にしつつ、
孤独になりすぎず同じ価値観の仲間と時間を共有する。

調度良いバランスが自分で生み出せる時代です。

インターネットとソーシャルな環境をフルに使って、
ひとり旅の中に「一人とみんな」の時間をそれぞれ作り上げるのです。

そのバランスを助けてくれるツールは、
タビカチでも少しづつ紹介していますが、
今回は考え方についてキザっぽく語ってるので、
そうしたハウツーはまた次回!(自分で言うなよ)

さらっと言うと、
泊まるときはゲストハウスやAirbnbといったプチホームステイを活用する。

⇒タビカチのゲストハウス/Airbnb特集

一人が飽きた時は、
一緒に行ってくれる人をトリッピースなどで募集するといった感じです。

⇒どこにもない旅をみんなで作る【トリッピース】

方法はいくらでもあると思います。

別にひとりで出発するから、
旅行先でも必ずひとりになる必要はありません。

「ひとり」でいたい時と、「みんな」でいたい時を取捨選択すればいいだけです。

僕は、旅行中の移動時や、行きたい所巡っている時、
今の人生をより良くするアイディアが閃いたらすぐ紙にスケッチします。

このブログのネタが出来た時もスケッチです。

皆で出かけていると、
そこに時間を使えませんからね。

そこから、ゲストハウスやシェアハウスに戻って世間話をしたり、

自分の考えている事をシェアします。

気が合えばお酒を飲んだりしてお互いの人生について語ります。

いろんな方とお話しましたが、
皆目指している事は大体一緒なんだと思います。

「充実で幸せな人生を生きたい」

僕も含め、ただそれだけなんだと思います。

それをどう具体的に形にしていくのか、
抽象的でフワフワしてますが。

目指していきますよ。そういう世界。

バランスって言いましたが、

こうして旅行の経験を情報発信する事もバランスのひとつです。

旅行で感じたことをアウトプットして、

来てくれた方とキャッチボールする。

このやり取りをライフワークにすると、

自分ひとりという感じがなくなります。

一人だけど独りではないのです。

一人だけど皆がいるのです。

タビカチでは、

収益源にもなる旅行記造りのお手伝いをしています。

興味を持って頂けた方は、

下のメルマガにご登録下さい!

それでは今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする