日帰りを超える ”早さ” で電車旅をする

こんにちは、タビカチ管理人のSyurimpです。

今日は、日帰り旅行を凌駕する電車旅をご提案します。

使うのは日本一(もしかしたら世界一かも)乗降客の多い「山手線」です。

寝台特急や海辺をゆっくり眺めながらの旅ではないですが、

最後まで読んで何かエポックメイキング的な発想が得られれば嬉しいです(*^_^*)

タビカチで山手線と言うと、

山手線の遅延証明書の発行の仕方が人気です!

(平日午前中の大雨などはアクセスが上がります)

他にも、高い家賃の山手線付近でいかに支出を抑えるか、についても書いてます。

何かと縁ある山手線を舞台にした「旅」に出発しましょー

 電車旅行記としては難しいけど、経験としては確かなもの

「日帰りを超える速さ」とタイトルに書きましたが、

何故早いのかというと「通勤電車」で使われる様な電車で旅するからです。

山手線が最寄り駅の方は30分足らずで目的の場所に到着です。

完全にイミフですね。

頭バグったんじゃないかと。

少しづつ説明しますので、

幻滅せずに聞いてみてください。

えーと、、ただし、

「良い子は真似しないでね!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

的な内容があるかもしれません。

いい年してちょっと悪いことをします。

本題に入りましょう。

今から我々は、「山手線を逆走」します!

これ聞いて、

「こいつは、運転手から操縦席を奪って
内回りを外回りにしやがったんだな!」

と閃いた方は、
良いセンスしてます(*^_^*)

でも、それは本当に悪い事なので僕はしません、、、出来ません。

タビカチは清い良心で出来上がってます。

よって、この回答は60点です。(笑)

ここでお話する「山手線を逆走する」の定義は、
「車内に乗った状態で進行方向と逆方向に歩いてく」です。

東京都内だとJR山手線や中央線、東京メトロなど、
比較的短距離移動に使う路線では、
車両から車両を移動しようと思う事すらありません。

ましてや、通勤時間帯の山手線なんて、
電車内を歩く事すらままなりませんが、
お昼すぎ、14時あたりは比較的空いています。

その時がチャンスです!

電車の進行とは逆方向へ歩きましょう。

端から端まで歩く必要はありません。
ポイントは、進行方向と逆方向に歩くです。

電車が近くにあると分かりやすいのですが、
逆方向に歩くと、「感覚的に変な感じがします」。(この感覚が重要です)

僕らは慣性の法則(物理の授業が懐かしい)に則って生活してるので、
重力を感じながら歩く事になります。

そして、周りの景色は歩く方向とは逆にビュンビュン流れます。

まるで新しいアトラクションに挑む気分です。

”旅行する”とは、日常を非日常に変換する事

で、僕は思ったのですが、

これって、旅行を楽しんでいる時と同じ感覚ではないでしょうか?

行ったことも見たことも無い場所。

今までの価値観とかけ離れた文化を全身に浴びる時は、
五感が刺激されて脳味噌も活性化します。

捉え方次第では、

山手線も立派なアトラクションのひとつなのです。

山手線を逆走する事そのものじゃなく、
逆走して体感した身体の感覚や脳の感覚が旅行になるのです。

もしかすると逆走を経験するその瞬間、

人によって、過去に経験した旅行とリンクするかもしれません。

ある人は、シンガポールでバンジージャンプした思い出とリンクして、
ある人は、インドの満員電車でもみくちゃにされた記憶を掘り返すキッカケになります。

アクション(山手線逆走)を経て、何を感じたのか?

今回は電車を例に出しましが、似たような事を書道家の武田双雲先生がお話されていました。

先生は満員電車でも特別通勤がツライと感じる事はなかったそうです。

例え混みあった満員電車でも、

観察して面白い所がいくらでもある。

そこに意識をフォーカスして、いろいろ想像を巡らせると実際楽しいし、

あっという間に駅に着いてしまう。

確か、そんなニュアンスの事を仰っていました。

あまりに窮屈過ぎると厳しいですが、

ソーシャルゲームで時間を潰すだけが、

通勤電車の過ごし方では無いですよね。

別に山手線に限らず、
日常生活の何気ないアクションから、
つながる発想がいくらでもあります。

そんな事を考えながら日々生活すると、
単調な生活に変化が出てきますよ!

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました!

PS:電車が空いてる時に行いましょう。マナーを守りつつ逆走を楽しんで下さい!

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

※ 現在メールマガジンの新規登録を停止しております。再開まで今暫くお待ち下さい。

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする