誰でも簡単な駐輪場経営 | 土地も初期費用もナシでOK!?

photo credit: Bike! via photopin (license)

photo credit: Bike! via photopin (license)

〜 こんなタビ人に見てほしい 〜

  • 余った土地の使い道に困っているタビ人!
  • 自転車駐輪場の収益を最大にする秘訣が知りたいタビ人!
  • 駐輪場マッチングサイト「PEDALRest」のスゴさを体感したいタビ人!

今は駐輪場経営のチャンス!その前に、なぜ簡単なのか考える

今回は、インターネットのチカラを使って、
初期投資やランニングコスト(維持費)が最小限で、
ミニマムな駐輪場経営のイロハを紹介していきます。

駐輪場も立派な不動産です。

不動産と聞くと、

・たくさん勉強しないと経営出来ないんじゃない?
・結局出て行くお金ばかりで経営が成り立つのって数年以上掛かるんじゃない?

など、初心者にとってハードルが高いような先入観があります。

確かに、大規模な駐輪場だと個人で運営するのは難しいです。

しかし、、、

小規模で副業といったポジションでの経営は、
「誰でも・簡単に」の時代に差し掛かっています。

もちろん、
駐輪場を作って放置すれば勝手にお金が入ってくる
なんてヤワな管理をしようと考えるのはアウト〜(´・ω・`)

ちゃんと使ってくれるお客さんとしっかりコミュニケーション取って、駐輪場を掃除する。

そうした管理は必要なので、覚えておいて下さいね(^^ゞ

その部分をクリアすれば、
小さいけど使い道に困った土地や、はたまた一軒家の駐車場まで。

いろんな場所が自転車(バイク)の駐輪場に変身して、経営する事ができます。

キーワードはインターネットの可能性

ここでちょっとした疑問が浮かびます。

駐輪場は大規模だから運営が成り立ったのであって、
そんな一般家庭にあるようなスペースを駐輪場にしれも誰も使おうと思わない。

そもそも、利用見込み客から駐輪場として認識されないじゃないか!

まっとうなご意見です。

「?」じゃなく「!」を使うのも分かります^_^;

〜〜〜〜

その疑問のカギになるのは、「インターネット」です。

インターネットのチカラというのは、
今までの当たり前が覆るパラダイムを秘めています。

それも、ここ数年前からネットの可能性の範囲がググっと広がっています!

2000年〜2010ごろまでは、
駐輪場を持ちたいと思ってネットを活用しようと思っても、
あまり現実は変わらなかったです。

よくある駐輪場の雑誌広告が、
ネットに媒体を移しただけ。

肝心の中身や構造といった所まで踏み込めませんでした。

しかし日本では2010年以降、
SNS(ソーシャルメディア)やSHARE(シェア:共有)の
概念が広まってきています。

従来の、大規模な駐輪場を駅チカや繁華街の土地にあって、

それを皆が使うスタイルにプラスして、

柔軟な選択肢が生まれる可能性が出てきています。

カーシェアリングなら「notteco(のってこ)」や「Uber」。

宿泊に目を移せば、「カウチサーフィン」や「Airbnb」が
イノベーションを起こしています。

これらは、人々のライフスタイルをガラッと変えるサービスです。

そして、
「駐輪場」にも同じくガラッと変える
可能性を秘めたサービスがあります。

PEDALRestで使い道に困った土地が駐輪場になる!

PEDALRest ペダレスト 自転車撤去、さようなら
PEDALRest(ペダレスト)とは、
遊休地を活用した月極め駐輪場をマッチングさせるウェブサービスです。

土地活用を考えている不動産のオーナーさんは、
ペダレストを通して駐輪場の募集をかける事ができます。

ペダレストに掲載されている駐輪場の特徴は、
遊休地を利用した小規模であること。

参考に、港区の赤坂にある駐輪場の募集ページを見てみますと。。。

2〜3台の駐輪場であっても登録する事が出来ます。

「この狭い土地をなんとか活用できないのか?」

という悩みを解決するツールになるのではないでしょうか。

現在は渋谷区、目黒区、世田谷区、品川区、港区、千代田区の5区でβ版を試験展開しています。 随時拡大していきますので上記5区の方はもちろん全国のエリアでも駐輪場開設をご希望の方は リクエストページより希望をお寄せ下さい。引用:PEDALRest 駐輪場検索より

とあるように、東京都区内の一部での試験運用中という事です。

2015年4月現在で、9つの駐輪場を利用することができますね。(一部駐輪場は全て埋まっております)

ミニマムな駐輪場経営での収入予測をしてみる

ペダレスト問合せ

ペダレストを通して駐輪場を掲載したい場合は、

サイトから「駐輪場開設のお問い合わせ」でメッセージを送って、

進めていきます。

【参考リンク】

⇒ペダレストオーナー様お問い合わせページ

具体的なお問い合わせのプロセスは。。。

・駐車場開設に関する資料の送付

・ペダレストのご担当者さんとの連絡の希望

・ペダレストのご担当者さんの訪問の希望

の3つから選択します。

実際に設置する予定の土地を直接担当者さんに見てもらえると安心感がありますね。

〜〜〜〜

さて、もしペダレストのオーナーになった場合、

その収入はいくらになるのでしょうか?

ざっくり概算しました。

掲載されている駐輪場を見ると、
2〜3台のもあれば、10〜20台を募集している所もあり、幅広いです。

ざっと見渡すと、
相場は、月額0円〜3000円ほど。

仮に月額3000円で、5台分の駐輪所が全て埋まっていれば、
15000円 / 月の副収入が見込まれます。

1年で、約18万円となると結構大きな額になりますね。

更に言うと、
オーナーさんの力量次第で、収益的にもっと可能性があると感じます。

ペダレストに掲載されている駐輪場で、
ロッカーやシャワー室が付いているものがOPENされています。

【参考リンク】
⇒PEDALRest 西新宿

体育会系でジム通いをしている自転車通勤の会社員の方が、
シャワーでひと浴びして気持よく自転車で帰る姿が目に映ります。

ロードバイクやクロスバイクでも駐められる専用ラックが室内にあるので、
盗難はもちろん、自転車同士の接触リスクもありません。

GIANT(ジャイアント)やCANNONDALE(キャノンデール)

といったイイお値段する自転車で、通勤する方も増えてきています。

リンク先の様な駐輪場が都内の至る所に広まってくると、
自転車通勤が更に楽しくなりそうですね!

〜〜〜〜

もちろん、利用料金は若干お高くなります。

しかし、それ以上の利便性や快適さがあるので

一般の駐輪場より高くなるのは必然な事。

ということは。。。

駐輪場に「付加価値」をつけると、
相場より高くても利用するお客さんが増えてくるかもしれません。

ロッカー付き、シャワー室付き、室内での駐輪。

考えれば他にもあると思います( ー`дー´)キリッ

付加価値について、
僕がふと大事だなと思った価値観が、

「シェアとシェアを繋げる感覚」です。

今の時代、シェアで繋がること、
更にはお金に価値を換える事がインターネットを通して誰もができちゃいます。

さっき話した、UberやAirbnb、
フリーマーケットアプリの「メルカリ」などなど。

シェアの中身のジャンルが多彩化しているので、
シェアするマッチングサービスを有機的に組み合わせると、
付加価値が上がるんじゃないかと思います。

後は、どうすれば付加価値が最大限になり、収益となるのか?

この部分を究める事が、
駐輪場経営を超えた新しいビジネススタイルの一端を担うかもしれません。

今回は以上です。
最後までお読み頂きありがとうございます!

⇒ペダレストで駐輪場の設置を考えているオーナー様のお問い合わせ先はコチラ

⇒ペダレストに掲載中の駐輪場の一覧はコチラ

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする