フツーな人の独立開業の職種が限られるメカニズムは?

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

今日は少し堅苦しく「独立 / 開業」をキーワードにしたお話です。

旅行ブログなので旅行の開業シリーズは僕の調べた範囲で書いてありますが、
開業全般の考えはまだブログに記してなかったので、
この機会にざっと書いておこうかと思います。

➔個人が旅行業開業する為の知識はこちらです

この記事では、
独立開業についての個人的な価値観について述べています。

ちょっとした独立開業をブログから始めて見る意義については次回。

こちらも個人的な価値観前回でお送りします”笑

なお、タビカチでの「独立開業」は、
個人事業やスモールビジネスでのスケールで捉えて下さい。

従業員を雇ってでっかくビジネスを展開していく方は、
意味ある情報は少ないです。。。。たぶん。

のれん分けや士業、フランチャイズ(FC)だけが独立なのか?

このテーマで何を書こうかモワモワしてた時に、
独立や開業で簡単ではありますがどんな悩みがあるのかリサーチしました。

そこで目にした主な悩みがこんな感じのものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・〇〇(大手コンビニ)のフランチャイズ(FC)で開業したいのですがいくら必要ですか?
・独立に有利な資格を教えて下さい
・〇〇の中で開業しやすい業種はどれがありますか?
・行政書士や社会保険労務士で開業しやすい資格はどちらでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんの一部ですが、

資格、大手飲食やコンビニのフランチャイズ、
が個人が始める独立の選択肢になっているようです。

戦略コンサルタントや外資系大手金融などでバリバリ働く人なら、

新しい会社を作って世の中には無いサービスを生み出すことを、

独立や開業と表現するかもしれません。

ですが、僕も含め、
そんな概念では後ずさりしたくなります。

「無理ゲー。。。かな」ってやつです。

インパクトのある斬新な事業や、
既存の枠を超えた世の中を良くするサービスを生み出した、
起業家さんが出した新刊が店頭に並ぶとついつい読んでしまう習慣。

独立を考えた事ある人なら一度は経験あるでしょう。

その時の心境は、

スゴイ!と素直に憧れを抱くと同時にこんな気持ちになります。

「あぁ、やっぱ〇〇さんだから出来る事だよなぁ」
「〇〇大卒、〇〇社を経て、〇〇院でMBA取得して。。。うわぁ、超一流じゃん”俺涙目」

タビカチでも紹介している、
Airbnbコーヒーミーティングといった
既存の枠組みを壊した旅行サービスだって、
一部の天才が生み出している。

。。に違いない、と固定観念が芽生えちゃいますね。

もちろん、才能だけでなく地道な試行錯誤が、
事業が生まれる背景に存在した事は言うまでもないです。

僕には想像すらできない血の滲むような想いをされたのだと。。。

ただ、凡人でフツーな僕(Syurimpです)が何か開業するとなると、
既に与えられた選択肢から選ぶことが必然であるかと思ってしまうのです。

起業に拒絶反応があるのは無意識が「死」を意識するから

なにか事業を起こしたいけど、
自分のしてみたい事が今ある(と思っている)選択肢の中になければ、
「今ある選択肢の向こう側にある選択肢」を見つけないといけません。

「今ある選択肢の向こう側」を選択するには、

1.ぶっとんだ目標(ゴール)を設定してそこから逆算する
2.今ある選択肢に固執してしまう根本的な感情を克服する

の2種類あると考えています。

「1.」は、今のスキルや実績は考えずに、
単にこうなりたい、こうしたいという非常に高い目標がある人です。

目標そのものは現時点で叶えられないけど、
逆算して中間地点にある具体的なアクションが、
現状の選択肢では見つからなかったものになる事があります。

高い目標を掲げていたから、

現状の外側にある選択肢が見つかったのです。

僕は目標設定をアファメーションというメソッドに則って行っています。

目標設定と聞くと自己啓発「もどき」に聞こえてしまいます。

しかし、アファメーションはセルフコーチングの一種で、
脳機能学から裏付けられている非常に科学的な方法です。

アファメーション

新品価格
¥2,052から
(2015/6/25 22:59時点)

対して「2.」は、
単純に自分がやりたい事が分からない人が主に該当します。

「お金持ちになりたいから/会社で労働するのが嫌だから/
組織に属するのが合わないから/独立って何となくカッコイイじゃん」

。。。よし。独立開業しよう!

というステージの方が多いんじゃないかなと思います。

そのプロセスを経る事自体は悪い事ではありませんが、

乗り越えないといけない壁ではあります。

そしてもう一つ、「2.」しか選べない先入観があります。

食えなきゃ生きてけない。

つまり、「食えなきゃ(稼がないと)死ぬ」という先入観です。

これが無意識の奥深い所に根ざしているので、
開業するとしても与えられた選択肢しか見えないようにしています。

それならまだ良い方です。

ほとんどの人は独立開業の選択肢さえ見えてないです。

選択肢にあったとしても選択しない。

なぜなら「独立開業➔絶対に食ってけない➔死んでしまうかも」
という思考回路が電光石火のごとく形成されているからです。

ココで書いてることは非常に極端な表現ですが、
端的に伝わるようにキャッチャー(読んでる皆さん)に向かって
ど真ん中どストレートを投げています。

鵜呑みにはしないで下さい。

ですが、飲み込んで欲しいです(^^ゞ

【関連記事】

⇒働くことについて書いた記事一覧はこちら

当たり前の話ですが、
人間は食べ物を食えないと死にます。

自給自足の生活をしてない限り、
食べ物を得るにはお金が必要です。

市場で儲けようが税金で分配されようが関係ありません。
起業家、サラリーマン、公務員、みんな一緒です。

脱サラ予定の会社員なら、、

「今まで組織で働いていた自分が、
身一つで社会に出て果たして食っていけるだろうか?」

卒業と同時に起業を考える学生なら、、

「一度くらい新卒で会社に入ったほうがいいのでは?
その方が履歴書の見栄えもいいし。。。。
社会的ステータスが真っ白でも大丈夫だろうか。。。」

など。不安が募ります。
その不安の行き着く先は「死」なのです。

大げさかもしれませんが、
人間が抱く不安のたどり着く先は「死」の概念なのです。

ちゃんとリスクを考えれば最悪の事態でも自己破産

Photo credit: cohdra from morguefile.com

Photo credit: cohdra from morguefile.com

ギャンブル発想で行う起業はダメダメよ〜

なぜ、たかだか独立開業(それでも人生の大イベント)に、
「死」という概念をお話したかと言うと、
この繋がりを知識として知らないと「他者に都合よく利用されてしまう」からです。

今の自分の状況(スキルやモチベーション、
人脈やあらゆるリソース)を鑑みて、
「リスク」を徹底的に考えて開業すれば死ぬ事はありません。

最悪の選択肢として「自己破産」があるかもしれません。

が、今まで積み上げた名誉や実績が崩れて抽象的な「死」を感じても、
自己破産したらって物理的に死ぬ事はありません。

ですが、人間の無意識は物理的な「死」を迎えると勘違いするようです。

先程の思考プロセス、

「独立開業➔絶対に食ってけない➔死んでしまうかも」で、

抽象的な死を感じることはあっても物理的な死はありません。少なくとも日本では。

だけど脳の認識では物理的な死だというシグナルを送る。

その傾向を(知ってか知らずか)利用して、
不安を煽るマーケティングが成立してしまいます。

煽ってる側はそこまで深刻な不安(死)まで煽ってないと考えますが、
消費者の状況やタイミングによっては死と直結する思考になる。

だから僕らができることは一つ!

このメカニズムを分析して、
開業した後も前を向いて進めばいいんじゃないでしょうか!!!

暗い雰囲気を感じたので、
エクステンションマークを強引に付けて明るくします!!!(`・ω・´)

不安を煽るビジネスマンは話します。

「おたくビジネス始めたばっかりなんでしょう。」
「あーーこれじゃ直ぐ倒産するよ。初期投資も終えて事業を進めるしか無いんだろう。」
「これ買って販売システムでも整えれば今から間に合うよ」

右も左も分からない時期は、
こんな話で不安を感じてしまします。

なんとも稚拙なウリ文句だなぁと、
書いてて悲しくなりますが。。。

「本能は死を感じても実際死ぬことないや(T_T)」と、
良い意味で開き直ると、今の状況を冷静に俯瞰して、
その商品が必要かどうか判断できるようになればこっちのもんです!

最適なリスクはどこか?そして適した開業の種類は?

ここから次回予告も兼ねた話になります。

最適な開業の最初のステップとして、

僕はブログを書いてみる事をオススメしてます。

リスクを最小限に抑えて収益を上げる事ができます。

特に、

・起業したいけどなにをすれば分からない

・会社を辞めたいけど食うアテないし。。。

・取り敢えず開業に有利な資格をとってみよう

などなど。行き当たりばったりな感じで、

「ぶっちゃけなにをすれば良いか分からない」状況に陥っている人ほどオススメです。

ブログを書く(サイト運営も含みます)。

たったこれだけの事でも、

お金の収支のコントロールをミニマムなスケールから始められますし、

リアルな人付き合いも存在します。

副業レベルから始められるので、

今は独立を考えていないけどアクションを起こしておきたい人にも有効です。

次回は、単なる日記では終わらせない、

ブログを書く具体的なメリットや得られる効果についてお話します!

この記事の続きになりますので、リンクをクリックして読んで下さいね。

メルマガでは更に掘り下げて、

実際にアクションに起こしてもらうメニューを発信してますので、

興味ある方は是非ご登録下さい!無料です。

それでは今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする