いままで放浪した国からの学び フィリピン

世界一の棚田【フィリピン・ルソン島・バナウェ】

更新日:

DSCN1703_Fotor_20130628

フィリピンには世界遺産が2つある。
バナウェの棚田とビガンの歴史都市。共に首都マニラがあるルソン島北部に
ある文化遺産だ。フィリピンは植民地時代にスペインに制圧されたのだが、
世界大戦でその生活空間が破壊され、スペインの名残を残している土地は
数限られている。

ビガンは大戦の影響を最小限に留めたので、辛うじて残っている。

バナウェはマニラから長距離バスで10時間近く移動しなければ到着しない
山の中腹にあるため、最低でも5日は抑えておきたい。

写真にもある通り、バナウェには山の斜面を利用して棚田が幾つも形成
されている。紀元前に山岳民族が造り始めたのだから歴史ある景観地だ。
現在も現役で稲作に使われている棚田が存在する。欧米人からはライステーブルと
呼ばれているようだ。

鍾乳洞の町サガダまでジプニーを使えば1時間足らずで到着できるので、
バナウェと一緒に回っておきたい。
バナウェ⇔サガダ間のジプニーは屋根に乗って緑ある山道を移動するので、
ちょっとしたアトラクション気分を味わえる。

もちろん、シートベルトなんてセーフティーはないので、
自分の体は自分で守りましょう。

【バナウェ情報】
アクセス:マニラ国際空港よりバスで10時間
気候:山の中腹(800m)にあるため夜は肌寒い
安宿:250ペソで統一されていた。ディスカウンドは失敗。

  • この記事を書いた人

Syurimp

-いままで放浪した国からの学び, フィリピン

Copyright© タビカチ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.