沖縄生まれが話す沖縄旅行で贅沢に高級ホテルに泊まる意味とは?

僕の実家から3分自転車を漕げばこんな景色です

僕の実家から3分自転車を漕げばこんな景色です

沖縄に生まれて18年住み続けて感じたジモピー目線の沖縄旅行のアウトプットです。

  • いろんな観光情報がひしめく中、沖縄に来ていただいたには、
  • ここにお金を使って欲しい!
  • ここはそこまでリッチにいかなくてもいいんじゃない?

という(やたら自分勝手な)価値観が芽生えてきました^^;

旅を楽しむ側として誰もが夢見るのは、打ち出の小槌の如く旅行費が湧き出て、あれこれ贅沢する事です。ですが、アラブの石油王でもない限り旅行費は限りがあります。

そんな限られた予算の中、贅沢する部分は思いっきり羽目をはずして頂いてそうでない所はちょっとだけ我慢する。そうしたメリハリある旅行は、思い出に残るんじゃないでしょうか。

この記事では、最初に「沖縄で贅沢して欲しいところ」、次に「ちょっと我慢してもいいところ」を話します。これは、わたくしSyurimpのD&H(独断と偏見)による勝手な”想い”なのでご注意くださいませ(*´ω`*)

予算に応じて、「僕ならここに贅沢さを求める!」って感じの内容です。

泊まる所は大事。沖縄で最高の空間を体験しよう!

沖縄旅行でやって欲しい贅沢が、ラグジュアリーホテル(高級リゾートホテル)に泊まる体験です。

もし、これを読んでいるあなたが、沖縄に行ってみたいけど具体的にナニしたら良いか分からん。て具合なら、是非、リゾートホテルや高級ホテルの宿泊に予算を割いてみてはどうでしょうか?。

東京にいても、地方の温泉街でも、ランクの高い宿泊施設はいくらでもあります。でも、沖縄で泊まる体験は沖縄でしか感じられないものがあります。高級旅館を満喫するのは、箱根でも別府でも湯布院でもできます。(それは流石に乱暴か?^^;)

一般的なビジネスホテルで、「泊まるだけ」の1日を過ごすよりも、「泊まることそのもの」に価値体験を見いだせます。沖縄特有の暖かでのんびりとした空気を感じながら、友達・家族・カップルで過ごす時間は本当に貴重です。話せなかった事も話せる時間になるかもしれませんね。

そうした、ラグジュアリーホテルを専用に扱っているのが、「relux(リラックス)」と「一休(いっきゅう)」です。どちらも、ホテルの情報や写真をふんだんに使っているので、ホテルや旅館でくつろぐ情景が鮮明にイメージできますよ。

高級ホテル予約サイトのススメその1【relux】

reluxロゴ

reluxは、一流ホテルと旅館を厳選した会員制の宿泊予約サイトです。”会員制”と書いてありますが、メールアドレスまたはソーシャルログイン(Facebook or Google+)のアカウントがあれば誰でも登録可能です。サイトの使いやすさや美しいレイアウトが個人的に◎です。

数あるホテルや旅館から、厳選に厳選を重ねた極上の所だけを掲載しているのがreluxの特徴です。

relux経由でホテルを予約すると予約金額の5%のポイント(以下 「reluxポイント」)が付きます。reluxポイントは1円相当の価値があるので、次回の予約の際は、かなりお財布に優しくしてもらえます(*´ω`*)

また、reluxが発行するクーポンの種類が豊富なのも評価高いです。僕がreluxに会員登録した時は、丁度誕生月でもあったので、、

  • relux体験クーポン
  • バースデークーポン

の2つのクーポンを頂きました。それぞれ宿泊費が10,000円OFFになるクーポンですので、初回利用がかなりお得になります。(それでも元々が良いお値段するんですけどね
(*´ω`*)

定期的に届くメールマガジン(これは任意で解除可能です)は読み応えあります。こういったサービスのメルマガは営業色強いのですが、reluxはメルマガにも拘りを感じます。読んでて楽しいメルマガは貴重です。

メルマガでは様々なテーマで集めたホテルや旅館が毎回ピックアップされているので、今まで知らなかった穴場的なところが見つかるかもしれませんね。

⇒reluxで沖縄のラグジュアリーホテルを探す

高級ホテル予約サイトのススメその2【一休】

画像引用:一休ホームページより

画像引用:一休ホームページより

reluxと並んで、高級ホテル専門の予約サイトが一休です。このジャンルでの知名度は一休が一番あるんじゃないでしょうか。

一休のサービスで充実しているのが「口コミ」です。

例えば、リッツ・カールトン沖縄は260件、ホテル日航アリビラなら290件のクチコミ情報が参照できます。

良いホテルに泊まるだけあって、口コミ情報の内容も濃いです。特に、乳幼児やお子さん連れのケースのレビューが参考になるんじゃないでしょうか。

もう一つの充実点はホテルの掲載数の多さ。一休で掲載中の沖縄の宿泊施設は離島も含めて100を超えます。数なら、reluxよりも多いですね。

その数あるレベルの高いホテルの中から、利用者によるランキングがあります。常に変動しているので、今一番人気のホテルが知りたい方は随時チェックしてみて下さい!

⇒沖縄の高級リゾートホテルのランキングはこちら

一休では定期的にタイムセールが開催されています。こちらも要チェックです!

⇒”今、開催中の” 沖縄の高級リゾートホテルのタイムセールはこちら

reluxと同じく、一休でもホテルの金額から一定のポイントが付くシステムがあります。一休ホームページから予約すると1%、加えてオンラインカード決済をすると1%、ふたつ合わせて最大2%のポイントが付きます。

例えばご家族4人で10万円の宿泊代金があった場合、2000円分のポイントが付いてきます。reluxの時と同様、結構大きいんですよ、これが。

reluxや一休を使って更にお得に泊まる方法!

バリューコマース(valuecommerce)が運営する「バリューポイントクラブ」というサービスを使えば、更にキャッシュバックしてもらえます。ちょっと手間かかりますが、高額サービスを利用する程お得になるので、利用をおすすめします。

  • reluxならホテル予約金額の3.2%のポイント(只今4.3%のキャンペーン中)
  • 一休ならホテル予約をすると1543ポイント

がそれぞれ付きます。

先ほど説明したポイントとはまた別にたまるので、ダブルでお得になります。是非、バリューポイントクラブをご活用ください。

カップル、ご夫婦2人での利用なら、一泊4〜5万円から宿泊できます。後で述べる航空券などの支出を抑えれば十分可能な金額じゃないでしょうか。

那覇空港からハイヤーでの送迎サービスを体験するのも、人生経験の一つとしても悪くありません。それどころか、高いセルフイメージを形作る要素になります。

こんな事を書くと、「泊まるところが高ければどんなトコでも良いのか?」という意見がありそうですが、「値段」が全てでは無い事は皆さんなら承知のはず。

それどころか、お手頃で平均的な宿泊費でもかけがえのない体験価値が得られます。キーワードは「民宿」です。

航空券はコストカットの費用対効果バツグン!

ここからは、限られた旅費から絞っていく部分を提案させて頂きます。キーワードは「移動」です。

一番のコストカット候補は「航空券」です。手っ取り早い方法はLCC(格安航空会社)を利用する事ですね。

本土から沖縄行きのLCCは、

※それぞれ公式ページの沖縄行きの詳細情報です

の3つがメインです。スカイマークはLCCではありませんが、キャンペーンを利用すれば格安価格で沖縄行きが実現しますね。

「いかに安く航空券をゲットするか」というテーマだと、JAL(日本航空)やANA(全日空)は真っ先に除外です。

ですが、夏休みのANAは非常に安いフライトが可能です。詳しくはANAギャラクシーフライトの詳細を御覧ください。

もう一つのポイントは沖縄旅行の時期です。ゴールデンウィーク、夏休み、シルバーウィーク、といった連休、または土日の沖縄行きの航空券は単価が跳ね上がります。

特に、沖縄はその傾向が強いです。空路がアクセスの中心ってのもあるでしょう。フェリーで沖縄入りする人は少数ですよね。(フェリー旅も楽しいですよ!)

観光のハイシーズンを避けられたら、同じグレードのチケットでもかなりお得です
(*´ω`*)

安い航空券で気をつける事とは?

さんざん安さを強調しておいてアレですが、安さを求めるあまり、失っていいものとそうでないものがあります。

例えば、フライトの時間帯。

LCCで特に安いチケットは深夜か早朝の発着便がほとんどです。学生の卒業旅行なら若いテンションで乗り切れますが、家族連れや乳幼児がいる旅行者はこの時間帯の飛行機は堪(こた)えます。

せっかく、沖縄に来ても、その日一日の体調が芳しく無ければ台無しです。先ほど紹介したANAギャラクシーフライトの時間帯も深夜・早朝便しかありません。

価格を取るか、フライト時の負担を取るか、そこら辺はを計画的に決めていきましょう。

それと、LCCは手荷物の重量制限がシビアです。帰りのお土産の事もふまえて、チケットのオプションを選んでおきましょうね。

【関連記事】

⇒LCCの手荷物制限について。予め重量をチェックしましょう。

レンタカーのグレードはコストカット候補。だけど、保険はしっかりと。

続いてのコストカット候補はレンタカーです。ツアーならバスにのってガイドしてもらえますが、沖縄でフリープランや個人旅行をするならレンタカーが必須です。

那覇市内はゆいレール(日本で一番南にあるモノレール)に乗って観光できますが、あくまで那覇市内だけのお話です。海沿いに車を走らせて沖縄全土を楽しむのが沖縄旅行の醍醐味ですからね。

レンタカーは航空チケットと同じく、一定期間の前に予約すれば割引される所がほとんどです(早割り制度)。航空券が予約できれば旅程が決まるので、続けてレンタカーも予約しちゃいましょう。

【沖縄レンタカー会社の早割り制度】

⇒スカイレンタカーの沖縄限定キャンペーンはこちら

⇒最大64%OFFのたびらい沖縄の沖縄レンタカーはこちら

⇒タイムズレンタカーの沖縄限定キャンペーンはこちら

ただし、レンタカー代をケチるのはあくまで車体の大きさやグレードの意味です。カップルで旅するなら2人乗りなら軽でいいんじゃない?プリウスやクラウンに乗る必要は無いよね?という感じですよ。

ケチってはいけないのが、保険です。レンタカー代金の中に補償が入っている部分と、オプションで付ける免責制度があります。万が一のトラブルが不安と感じるなら、そうした補償制度を選択してください。

ふつーの車で、沖縄でしか流れないFMラジオを聴きながら目的地までまったり進んで観光名所をめぐる。泊まるところは非日常の空間を選ぶ!このギャップが沖縄ならではの価値です。

旅程を組む時間が無ければツアー会社に任せよう

もし、旅行の準備に時間が割けない。誰かにお願いしたい!という悩みがあるなら、思い切って旅行会社に丸投げしちゃうのもアリです。というのも、航空券とホテルを組み合わせたパッケージツアーは、旅行会社にお願いしてもそこまで高くならないからです。

本当は、自分たちで一つずつ値段を確かめた方がいいですが、その時間とエネルギーが捻出できないなら、割りきって頼んだほうがなんだかんだ得です。

また、航空会社系列の旅行会社だと航空券が優遇されるので費用対効果があります。ANA系列の「ANA SKY WEB TOUR」、JAL系列の「JALパック」などを使えば、その系列のキャリア(航空会社)のチケットが割安で手配できるでしょう。

【関連記事】
⇒沖縄旅行の予算設定のコツ!

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする