アユタヤ遺跡の行き方と非日常的な楽しみ方!

〜 れんが色と自然が調和する世界遺産巡り 〜

〜 れんが色と自然が調和する世界遺産巡り 〜

今日はタイの世界遺産「古都アユタヤ」の行き方と、
楽しみ方についてご紹介します。

前回、フィリピンに3ヶ月染まった頭でフィリピン旅行の予算を考えたと題した
記事を書いたので、同じ東南アジアのタイの事も書きたくなってきました笑

チェンマイやチェンナイなど日本の京都と比喩される地域は、
バンコクから飛行機を使わないと厳しいかもしれません。

ですが、アユタヤはバンコクから鉄道を使って行ける身近な世界遺産です。

バンコクのスワンナプーム空港に着いてバンコク市内で体を休めて、
次の日の午前中にはアユタヤ遺跡に余裕持って到着できるので、
旅行計画に自由に組み込めますよ。

Historic City of Ayutthaya – UNESCO World Heritage Centre
ユネスコ公式サイトの古都アユタヤのページです

 バンコクからアユタヤ行き方はフアランポーン駅が玄関口

バンコクからアユタヤに移動するには、
フワランポーン駅(バンコク駅)から鉄道を使って移動するのがオススメです。

場所はコチラ!

写真はフアランポーン駅のプラットフォームです。

日本では見かけない迫力ある造りですよ。

アユタヤまで70キロの電車旅です(^^♪

フワランポーン駅⇔アユタヤ駅間が、開通当初の路線でした。
1897年開通なので歴史ありますね。

作りはしっかりしてますが、
いかにも昔に作られたって漢字の設備や雰囲気です。

バンコク市内を走るメトロ(地下鉄)が日本より最新って事もあり、
そのギャップが感じられますね。

バンコク⇒アユタヤまで乗り換え無しでいけるので、

英語が話せなくても「アユタヤ」って言葉が出たら駅員さんも分かってくれます。

あとは、乗り場のプラットフォーム番号を確認して、
出発時間前に待っておけばOK!

不安なら、乗った後隣に座っている方に、
アユタヤ行きか念のため聞いておきましょう。

間違った駅で降りない為の、もうひとつの手がかりがあります。

アユタヤは外国人観光客に人気スポットなので、
バンコクから乗る乗客は地方のお客さんの他にも、
観光客とひと目で分かる乗客がいます。

彼らの多くはバックパッカー的なスタイルなので、
荷物を見れば一目瞭然でしょう。

アユタヤの到着前に観光客が降りる準備に入るので、

がっつり熟睡してない限り通り過ぎる事はないと思います。

ThaiRailways.com – Thai Railway
タイ国有鉄道の公式サイトです
ハッキリした時間は公式サイトから調べるのが一番確実です。

タイ国有鉄道の公式サイトのトップページに、
出発駅と到着駅を入力するボックスがあるので、
そこから調べてみてください。

出発時間にもよりますが、
鉄道で1時間半、バスで1時間くらいの移動時間です。

バスのほうが速いのは仕様です(^_^;)

僕が乗車した時は、
止まったり進んだりを繰り返していました。

スピードに乗ると速いんですけどねぇ(´・ω・`)

まぁ、そういうものだと割りきって、
景色を眺めたり、本を読んだり、モノ書いたりして、
ゆったり過ごして下さいね。

 サイクリングでアユタヤ観光する場合の所要時間は?

〜 遺跡ないだろ〜って所にもちゃっかりあります 〜

〜 遺跡ないだろって所にもちゃっかりあります 〜

アユタヤは観光客に人気の地域。

なので、お食事処やホテルには困りません。

ただ、どのようにして遺跡巡りをしようか迷います。

ツアーに頼らず来ちゃったらタクシーしか方法はないのか。。と。

この記事の最後にバンコクから出発する、
日本人ガイド付きの現地ツアーをピックアップしますので、
そうした現地ツアーに申込してバスを活用するのも一つの手です。

でも、もっと楽しい方法で遺跡巡りができるのですよ(^^♪

自転車で遺跡巡りをするのです(*´∀`*)

僕が自転車旅ネタばっか書いてるから、
こんな事言ってるんじゃないかと怪訝に思ってます?(´・ω・`)

いえいえ、自転車を使った遺跡巡りは、
現地ガイドやホテルでもオススメのアクティビティなのです。

ざっとメリットを書くと、

◎アユタヤ遺跡群は自転車で移動できるくらい密集している

◎坂道が少なく平たんな道なのでスイスイ進む!

◎ホテルやゲストハウスで自転車のレンタルがされている

◎もちろん安い(1日中レンタルして30バーツくらい)
※今のレートだと100円くらい

◎アユタヤの日常を風を切ってのぞいてゆく

最後も立派なポイントですからね。

ホテルやゲストハウスで頂いたアユタヤ遺跡のMAPをベースに、
行ってみたい所を自分の足を使って進む!

気が向いたら道端の屋台や、
ちょっと立派なご飯やに立ち寄ってお腹を満たして、
心地よい風を浴びながらサイクリング!

これ最高でっせ(*´∀`*)

アユタヤ遺跡は細かいのを含めてかなりの数になります。

全ての遺跡を回るとなると3日はほしいところです。

ただ、僕はメインの遺跡を3〜4つ自転車で回って、

午前から日没前までゆったり時間を使いました。

正直、遺跡巡りを1日ぶっ続けでやっても飽きます”汗

アユタヤの皆さんには申し訳ないですが、飽きます(^_^;)

アユタヤ遺跡の専門家になる予定の方は別ですが、

普通の観光であれば1日目の午前中にアユタヤ到着、

その日の午後と次の日の午前中を遺跡巡りに使えば十分じゃないでしょうか?

もちろん、遺跡だけがアユタヤではないので、

3泊も4泊のんびりしても飽きない人は飽きない。

これは人それぞれかなぁと。

あと、サイクリングの注意点がひとつ。車です。

爆走!とは言わないけど、
日本で自転車を使うよりは安全運転を意識して下さいね!

〜 こんな感じの道路を進んでいきます 〜

〜 こんな感じの道路を進んでいきます 〜


ちゃっかり遺跡が写ってます”笑

道路も比較的整備されているので、
ストレスなく(むしろ非日常的なサイクリングで新鮮!)遺跡巡りができますよ〜

あとは、レンタルした自転車の空気がちゃんと入っているか、
カギは付いてるのか、しっかりロックされるのか。

遺跡巡りの出発前にそういった点を確認しましょう。

バンコクから出発するアユタヤ遺跡の現地ツアー

バンコクから出発してくれる現地ツアーは様々あります。

日本語のオプションや食事代が含まれているのか、

その都度確認する事をおすすめします!

⇒VELTRAのアユタヤ現地ツアー

現地ツアーで有名なVELTRAでは、
1500バーツ(5000円ほど)からアユタヤツアーに出かけられます。
体験談も多く掲載されていてツアーの雰囲気が感じられますよ(^^♪

⇒JTBのアユタヤ現地ツアー

旅行ツアーで有名なJTBさんでも現地のアユタヤツアーを催行しています。
お値段はVELTRAより若干高め。

ただ、JTBでは今アウトレットツアーを開催しており、
タイのパッケージツアーも格安で行っています。

⇒JTBの格安タイツアーはコチラ

それでは今日は以上です。
最後までお読み頂きありがとうございました!

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする