沖縄観光に子連れで来るなら「ぼくのなつやすみ」を感じて欲しい!

沖縄で体験するのはリアルぼくのなつやすみ!

7月から沖縄観光まっさかり!

沖縄観光はビーチではしゃいだり、国際通りでおみやげを買ったり、
なにかとワイワイガヤガヤなイメージを持っていませんか?

でも、もう一つの沖縄の顔があります。

沖縄に住んでいた身(今も心は住んでいる(`・ω・´)キリッ)として、

ネットサーフィンしても見つからない沖縄をご紹介したい!

特に、沖縄に来てくださる子連れの親子に見て欲しい!

若い人は、賑やかな場所が良いんです。

もしかすると、僕がこれから話すことにあまり価値を感じてくれないかもしれません。

でも、いてくれると(´・ω・`)ウレシーナー

もう一つの顔というのは、
タイトルにもある「ぼくのなつやすみ」をリアルに感じる観光です。

「ぼくのなつやすみ」とは、プレステシリーズで出ているゲームソフトの名作ですね。

夏休みに祖父母がいる田舎に遊びに来た「ぼく」になって、
虫取りや魚釣りをするほのぼのゲームです。

ムービーは、PS2の「ぼくのなつやすみ2」のオープニングですね。続編です。

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

中古価格
¥1から
(2015/5/25 17:36時点)

沖縄って、ぼくのなつやすみの雰囲気にすごく似てる気がするんです。

ひとつ挙げると「通学路」!

僕自身、沖縄のとあるちょっとした田舎出身です。

高校生の時は学校まで40分近く使って自転車通学していました。

右側には当たり前のように海、

左には当然といった顔でサトウキビ畑です”笑。冗談抜きで。

観光で沖縄にやってくると、

まず最初に那覇空港がある那覇市に着きます。

一番の都心なので、上のような通学路はもちろん存在しませんが、
皆さんにも免税店や国際通りなど那覇だけにとどまらず

レンタカーをガンガンつかって北へ南へ行って欲しいです。

ちなみに、僕が高校生まで、
那覇市への憧れが多少ありました。

もう田舎出身にとっては那覇って都会ですからね!

その後、大学生になって愛知県の名古屋市に行って

都会っぷりに「なんじゃこりゃ(´・ω・`)」ってなり、

今東京に住んで改めて

「なんじゃこりゃ(´・ω・`)」ってなってます。

閑話休題

まぁ、地方はどこでも自然豊かですよね。

それは沖縄に限った話じゃないです。

でも、沖縄独特かなぁと思うのが、

「時間のながれ」なんです。

ゆっくりです。非常に。

飛行機が着陸した那覇空港の中の荷物受け取り場から、
キャリーバックやら取って、到着ロビーに入ると。。。

そこから時間の流れに違和感を感じると思いますよ^^;

俗にいう、うちな〜んちゅタイムの始まりです。

初めて沖縄に来た方、

特にずっと都市部に住んでいて忙しい日常を送っていた方が感じるものですね〜

別に、東京の1秒と、沖縄の1秒は同じなんですよ。
だけど、歩くスピードや話すテンポ(イントネーションも含め)、
日本のどこにもない空間を沖縄って作り上げているんです。

このゆっくりとした感じは、
親子連れにピッタリの夏休みですし、
お子さんには「こういうゆっくりな場所もあるんだよ!」っていう経験が得られます。

ぼくのなつやすみ風な沖縄観光のしてみよう!

photo credit: Naha via photopin (license)

photo credit: Naha via photopin (license)

那覇にある国道58号線の写真です。うえには日本最北端の鉄道「ゆいレール」のレーンがあります。

1.国道58号線を北上して沖縄最北端に行ってみよう!

コレおすすめです。

沖縄県の地図を見ると、左側におっきな国道があります。

国道58号線。地元の人は「ごっぱち」って呼んでいます。(たぶん)

ごっぱちは那覇から沖縄の北部まで一直線でつながっているんです。

そこから更に北上して、辺戸岬という沖縄最北端にある岬に行って下さい。

ちょっとした石碑やパーラー(簡単なお食事処)しかありませんが、
海がものっすごく綺麗です。身体が吸い込まれるような蒼さがあります。

これは是非、お子さんに見せて欲しい景色ですね。

自然の偉大さを感じる瞬間です。

写真でも凄さは感じられますが、実際行って眼と心で見て欲しいです。

僕が学生の時、沖縄をロードレーサーで一周した中で、
一番思い出に残っている場所です。

2.ものづくりを楽しむ

「ぼくのなつやすみ」でも、
昆虫採取したり洞窟体験したり、いろんなイベントがありますが、
それってものづくりの原点だと思います。

沖縄では、琉球ガラスや紅型(沖縄の伝統的な織物)を手造りする体験教室があります。

お土産を家にかざって置くのもいいですけど、
家族でなにか一つのモノを作って、その作品をリビングに置いておくと、
強い絆で結ばれる。そんな気がします。

ちなみに、沖縄旅行を検討してるなら、
早めに航空券を抑えておきましょう。

こちら↓に、旅行の予算を抑えつつ快適に過ごす方法をまとめています。

夏休みの沖縄家族旅行の予算設定のコツ!
夏休みの沖縄家族旅行を想定して、安くそして快適に楽しむ方法について!

今回は以上です。
ありがとうございました!

【うちな〜んちゅが沖縄の事について書いてみた】
20年近く沖縄で生きていた人が書いた沖縄の記事一覧
東京に住んでいるけど、実はうちな〜んちゅ(生粋の沖縄県人)だったSyurimpの沖縄特集です

旅行とライフワークをつなげて、
世界中を旅できるライフスタイルを生み出すメルマガを書いています。

方言やなまりは出ないけど、
ちゃんとうちな〜んちゅが書いてるメルマガです(^^)
登録よろしくお願いします!

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする