いままで放浪した国からの学び 日本

山梨満喫の有名コースは、さくらんぼ狩り⇒〇〇!

更新日:

山梨のさくらんぼ狩りを楽しむ方法
僕は登山の経験があるので学生時代に良く山梨県に行きました。
そのときは、山に篭もりっきりだったので山梨の文化は良くわからないでいましたね。。。

 

 

そんな僕でも唯一知ってたのがさくらんぼ^^

山梨に足を運んだから知ったのではなく、物心ついた歳には知っていました。

 

 

そりゃあ、誰だって「さくらんぼテレビ」ってテレビ局を一度聞いたら「山梨=さくらんぼ」ってなります!(´・ω・`)

 

香川県のテレビ局に「うどんテレビ」が無いのが不思議でたまりません”笑

 

 

今現在、タビカチブログで一番読まれている記事、「ペットOKなイチゴ狩りをまとめてみた」を見習って、じゃあ同じ果物シリーズならブログ読んでくれる人増えるよね!って安易な考えはしてません(T_T)

 

 

都内にいても、(頑張れば)日帰りでさくらんぼ狩りを楽しめる山梨県に出かけるキッカケが出来ると、山好きの僕としては嬉しいですね。。。これはマジメに思っています”笑

 

 

それじゃあ、いっちょいってみましょ。

 

 

 

【実は高級品?】さくらんぼの狩りのシーズンから料金まで

 

 

さくらんぼのシーズンは早くて5月末から7月前半までと言われています。

 

 

もし、5月下旬に開催されるさくらんぼ狩りがあれば、それは「佐藤錦」と呼ばれる品種です。佐藤錦は国内で一番栽培されていて、しっかり管理された栽培をすれば一番長い期間栽培する事ができます。

 

 

今回は山梨県のさくらんぼ狩りをメインにお話しますが、さくらんぼが日本一生産されているのは実は山形県なんです。

 

山形は国内生産量のおよそ7割、山梨は100%の中の約6%のシェアしかありません。

 

 

ちなみに、佐藤錦の続きは、山形のうまいものを集めた「おいしい山形」というサイトで、国内一のさくらんぼ品種「佐藤錦」の生まれたエピソードがありますので是非読んでみてください!

 

 

気になるさくらんぼ狩りの料金ですが、30〜40分の食べ放題で2000円程が相場になっています。

 

イチゴやブドウと違ってさくらんぼってバクバク食べるもんじゃないですよね(´・ω・`) さくらんぼはじっくり味わうものです。

 

なので、このお値段なので【実は高級品?】の意味が分かってくれたと思います。

 

 

参考に、お取り寄せする場合、化粧箱に入って大玉しか扱わない贈答品のさくらんぼ(佐藤錦)1kgで5000円を超えます。

 

対照的に、大家族用に買ったり料理に使いたい場合はワケあり品を選べば 1kg2000円で買えるところもありますよ〜

 

 

サイズがバラバラだったり、まん丸からちょっとズレた形で仕方なく訳ありだったりで、味は間違いなくピカイチです。そこはケースバイケースで選んでいきましょう^^

 

 

⇒ お取り寄せさくらんぼのランキングはコチラです

 

 

 

温泉に入らなければ山梨に行ったことにはならない!

さくらんぼとプチトマトのヘタを取ったら一緒か
さぁ、今日のタイトルの答え合わせです!!

 

 

 

山梨でさくらんぼ狩りをした後は、是非とも温泉に行って欲しいです(^^♪

 

 

石和温泉(いさわおんせん)
湯村温泉(ゆむらおんせん)
下部温泉(しもべおんせん)

 

 

と、山梨県にある有名温泉地をピックアップするとこれだけ出てきます。一つの都道府県で3つ出てくるのも珍しいですね。

 

 

「有名」とつくと、観光地ばかりな印象がありますが、山梨にはローカルで地元の人が行きつけにしている温泉がいくつかあります。

 

 

その中でも、「ほったらかし温泉」を僕はオススメしたいです。

 

宣伝、サービスをしないんで温泉その物を勝手に楽しんで下さいね、というコンセプトが地元の人が通っている一番の要素かもしれませんね^^

 

【参考リンク】
ほったらかし温泉

 

 

さくらんぼ狩りだけを楽しむのは正直物足りないです。時間にして30〜40分ですからね。

 

であらばこそ、温泉に行ってゆっくりしてみてはいかがでしょうか(^^♪

 

 

最後に、「さくらんぼ狩り + 温泉」 の勝利の方程式のようなツアーを探してみました!

 

クラブツーリズム / 温泉宿泊 【さくらんぼ狩りツアー特集】
さくらんぼ狩りツアーで一番レパートリーがあったのがクラブツーリズムでした。

 

日帰りバスツアーもあれば、温泉宿泊月のさくらんぼ狩りツアーもあって、よりどりみどりです^^

 

お得な奴だと、7000円からツアーに参加できるので、ちょっとしたお出かけ感覚で山梨に行ってみてはどうでしょうか。

 

 

 

それでは、今回は以上です。ありがとうございました!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

Syurimp

-いままで放浪した国からの学び, 日本

Copyright© タビカチ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.