ゴールデンウィーク沖縄行き航空券で知らないと損する話

こんばんは、タビカチ管理人のSyurimpです。
さり気なく2日連続でのブログ更新はお初になります。

おととい僕のパソコンが修理から帰ってきて、
久しぶりに快適にパソコン操作が出来たので、
その勢いでブログ記事を書いています”笑

今まで当たり前のようにパソコンを使っている身ですが、
いきなり10日近くもパソコン離れを起こすと、
戻ってきた時の有り難みが半端ないです。

そんないい人ぶってる今日このごろは、
僕の生まれの地「沖縄」をテーマに旅ネタを取り上げます。

航空券って1日違うだけで3万円以上損得するもんですよ(^_^;)

知らないって恐ろしいので、ゴールデンウィークに限らず、
空の便での旅行を検討している方は見て損ありませんよ!

2015年のゴールデンウィークは最大何日間?

今年のゴールデンウィークは以下の3パターン分かれています。

パターン1.4月25日(土)〜 5月6日(水)までの 計12日間
パターン2.4月29日(水)〜 5月6日(水)までの 計8日間
パターン3.5月2日(土)〜 5月6日(水)までの 計5日間

国民の祝日がのっているGoogleカレンダーを貼り付けておくので、
参考にしてください。

パターン3は、土日祝日だけで過ごせるGWです。
週休2日のお仕事なら誰でも休みが貰える期間です。

パターン2は、4月29日(水)にある「昭和の日」を使って、
30(木)、5/1(金)と休みをもらって作れるゴールデンウィークです。
働くお父さんはこの時2日間の有給休暇を貰う必要があります。

パターン1は、前の週の土曜日から休み続ける方法です。
「4日間」の有給をもらえば12日間のお休みが出来ます。
日本では取得がなかなか難しいかもしれません。

余談ですが、
5月6日(水)はゴールデンウィーク最後の祝日である「振替休日(憲法記念日)」ですが、
その後の木曜金曜を休めば、5月10日(日)まで満喫できます”笑
パターン1との合わせ技で、なんと怒涛の16連休ができちゃいます(*^_^*)

こんなに休んだら、もう働けなくなりそうですね。

でも、「こんなに休むなんて」って概念、
真面目に考えてもいいと思うんですよね。

海外バックパックをすると、16日なんて目じゃない程の長期休暇を取って
旅行している外国人とたくさんお会いします。

中には2〜3ヶ月の休暇をもらって、アジアを放浪している人もいました。

その方達はみな普通の会社勤めをしています。
有名なフリーランサーで、自由気ままに仕事をしているノマドとは違います。

普通の会社員なんです。

普通の会社員なんですけど、
日本では考えられないスパンで休暇がもらえる環境なんですよね。

もちろんバカンス中は給料がないので、帰ったら働かないといけません。

でも、
仕事と休暇のメリハリをつけた働き方が出来れば、
働く意欲だって湧くし楽しいライフスタイルが送れそうですよね。

よく、
「会社を辞めてこれから世界一周します!」とか
「長期旅行するには会社を辞めないといけないんです。。」といった
ブログやツイートを目にしますが。。。

海外の人からするとあり得ないことなんですよね。。。

もっと柔軟な働く選択肢と選べるライフスタイルのお手伝いが出来るような
コンテンツをタビカチで届けていきたいですね〜

LCC(格安航空会社)のゴールデンウィークチケット情報

ゴールデンウィークはLCCでひとっ飛び
さて、これから本題に入ります。

タイトルでは「ゴールデンウィークの沖縄チケットの落差が激しい」と書きました。

これはゴールデンウィーク期間中に沖縄出発する日によってチケットの価格が
全然違うという意味です。

まずは、下の表をご覧ください。

 バニラエアピーチエアラインジェットスタースカイマーク
出発空港羽田関西国際空港羽田羽田
4月25日(土)6990489056909500
4月27日(月)6990489019909500
5月2日(土)25790222903399018000
便数1便3便5便6便
単位:円

注)1月23日現在の調べになるので航空会社による価格変更が後々生じますのでご了承下さい

今年のゴールデンウィーク期間中の出発日と、
日本の国内線のLCC(格安航空会社)のチケット価格を表にしています。

大人一人、羽田(関空) ⇒ 那覇の片道チケットで。
早朝(深夜)便を除いた最安価格を表示しています。

今、日本にある主なLCCは、
バニラエア、ピーチエアライン、ジェットスターの3社です。

スカイマークはLCCと既存の航空会社の中間ですが、
今回は便宜上ここに入れています。

出発日は、
4月25日(土)、4月27日(月)、そして5月2日(土)にしています。

HISさんによると、
4月27日と28日はチケットが取れる穴場的な日とのことです。

【参考リンク】
HIS 2015年GW特集ページ

で、結論はこの表を見れば一目瞭然です。

もし今年のゴールデンウィークに沖縄旅行を計画しているなら、
「有給が取れるなら取ったほうがいい」事を示しています。

何も考えずに祝日だけのGWで5月2日に沖縄へ出発しようものなら、
どの航空会社も価格がいっきに高くなります。

LCCで行くなら、ホテルやパッケージツアーも別々で組み合わせます。
更に、復路のチケット代も考えると、旅費を合計するとかなりの差になるでしょう。

後術するJALやANAのチケット代よりいくぶん安いですが、
社会人の方は有給を取って5月2日より前の便での沖縄入りが現実的です。

特に、
ジェットスターの4月27日発のチケットは1980円という破壊価格なので、
今のうちにブッキングしちゃいましょう(*^_^*)

【参考リンク】
ご紹介したLCC一覧

バニラエア
ピーチエアライン
ジェットスター
スカイマーク

JALやANAは国内ツアーが意外とお得

JAL(日本航空)やANA(全日空)といったフラッグキャリアは、
原則2ヶ月前からしかチケットを予約できないのです。
(先割系のチケットは70~90日前から予約可能です)

事前に価格を知ることも出来ないので立ち往生、
と思いきや、意外な盲点がありました。

それが、「航空会社が催行している国内ツアー」です。

JALは「株式会社ジャルパック」が、ANAは「ANA SKY WEB TOUR」で
それぞれ国内ツアーを企画しています。

【参考リンク】
ジャルパック⇒沖縄旅行 おすすめツアー

ANA SKY WEB TOUR⇒ANA’s 沖縄ツアー

このツアーはブログを書いている1月23日でも申し込むことができて、
ゴールデンウィーク期間中も催行しています。

航空チケットとホテル&レンタカーが付いて、
2泊3日を自由に回るプランがあるのですが、
それがWeb限定で5万円を切ったりと、結構お得なプランもあるみたいです。

ゴールデンウィーク期間中のジャルパックの沖縄ツアーは
1500件以上あったので時間や予算の条件をクリアできるツアーがきっと
あるに違いありません。

ただし、、

これらのツアーの弱点が、
5月1日からのツアー価格が跳ね上がるところです。
ツアーはある事にはあるのですが、同じ内容でも2倍近い価格になってしまいます。

先にお話した、Web限定5万円ツアーは4月30日を最後に、
催行されないみたいですね。

これも、需要と供給ってやつですかね^^;

なので、結論はLCCと対して変わりませんが、
ゴールデンウィークに沖縄に行きたきゃ
有給とって早めに出発しましょう!

有給取れないからといって意地張って5月2日に出発しようものなら、
半月分のお給料ぐらいの損をしてしまいますからね。。。

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

※ 現在メールマガジンの新規登録を停止しております。再開まで今暫くお待ち下さい。

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする