キャノンデール クイック4に5年分のありがとうを込めて

しまなみ海道の橋とキャノンデールクイック4の2ショット

自転車旅のお気に入りの写真です

〜 こんなタビ人に見てほしい 〜
  • 僕が自転車旅に目覚めるキッカケを作ってくれた方を紹介します!
  • CANNONDALE QUICK4の良さを知りたい(半分は自賛だけど)タビ人!
  • 2週間の自転車旅で予測されるトラブル対策を調べているタビ人!

2012年からお世話になったクロスバイク(Cannondale QUICK4)が現役を終えました。

リアの心臓部を全て取り替える必要がありましたが、キリの良いタイミングだった事もあり、意を決してバイバイします。

本当にお世話になりましたm(_ _)m。いろいろあったね。結構酷使しちゃったけど、5年間ありがとう(´;ω;`)

思い出を風化させないためにも、あと、このチャリこんなに良いんだゼ!って情報を残すために、愛車の5年間の筆跡をここに残します。

自己満足な内容に偏らないように書きながら心がけよう。そうしよう・ω・

クロスバイク購入のキッカケ

大学4年の2011年4月に購入を決意します。。。。。。トシガバレルネ。

それまではママチャリ通学でスポーツバイクには全く興味なかったけど、友達のロードバイクに乗ったり自転車旅の事を知ったりで、ちょっと憧れを持ちます。

特に影響を受けた自転車旅人が、「石田ゆうすけ」さんと「染谷翔」さん。

大学3年頃から、染谷翔さんの「染谷翔の自転車世界一周ワロスw」の読者になって、世界中のチャリ旅の風景を見て、「いつか、チャリで世界一周してみたいなぁ」なんて妄想をしながら毎日過ごす日々でした。(まだ、出来てない)

海外チャリ旅はまだ出来てないけど、福岡⇒名古屋のチャリ旅で、旅の道具に対する詳細な情報が豊富に合った染谷さんのブログは非常に参考になりました。

福岡⇒名古屋チャリ旅が2011年11月。クイック4の購入が2011年4月。チャリ買っても旅用の装備品を揃える必要があったので、夏休みを利用して南アプルスで山小屋バイトをします。

山小屋バイトで、読んでた本が石田さんの「行かずに死ねるか! 」です。7年以上の世界一周旅でこーーいタビを歩んできた石田さんの人生にグイグイ惹き込まれてましたね。

石田さんも、染谷さんも直接お会いして少しだけお話出来たのは良い思い出です
(*´ω`*)

夏休みの山小屋バイト以外にも、旅資金を稼ぐ為に、短期で引っ越しのバイトも体験しました。自転車旅で一番お金が掛かるのはもちろん自転車本体(クイック4だと7万円台)ですが、学生だと装備品を揃えるのにも一苦労です。

僕の場合、一番掛かったのが「チューブスのリアキャリア 」。次点で「ORTLIEB(オルトリーブ)のリア用サイドバック 」です。これだけで、4万円近くの装備費です。

チューブス リアキャリア ロゴエヴォ ブラック

新品価格
¥21,146から
(2016/4/21 16:22時点)

余談ですが、社会に出て改めて、引っ越しバイトは学生の時に体験して良かったと感じました。

世の中いろんな仕事があるもんだぁなと(意味深)

あ、仕事に対する僕の価値観のひとつにこんなものがあります。

⇒仕事を辞めてストレスフリーではなくストレスある仕事を辞める(意味深)

※いや、本当に引っ越しで働かれてる社員さんは凄いと思います。四季報の業界平均の賃金を見るともっと給料あっても良いと思うんですけどね。

引っ越しに関しては、僕はミニマリスト的な立場に近いので、あまり業者を活用する事はなさそうです。この前(2016年年始)の引っ越しなんてゼロ円で済みましたし。

⇒シェアハウスの一人暮らしは引っ越しコストがゼロに近づく

Cannondale QUICK4の決め手!

ここまで、キャノンデールの「キ」の字すら出てないのでいい加減主役に登場してもらいます。

買った当時、クイック4の決め手となったのはコスパや材質、あとはカッコよさです”笑。決め手の項目は優先順位で並んでいます

本体価格が7万円まで

ビンボー学生はウン十万の自転車に手を出せません。

はじめは自転車本体に5万円台の予算を想定していました。ですが、これだと選択肢が「GIANTのESCAPE」くらいしか無く、もう少しいろんな自転車から選びたいので、7万円台まで贅沢する事に。(2~3万くらいバイトで稼げよって言いたくなりますよね)

キャノンデールのクイック4は、当時の本体価格はほぼ7万円。(2016年モデルは79,000円)でこの条件はクリア!

自転車と一言いっても、ママチャリから100万越えのロードバイクまで様々です。個人的に、旅にも使える本格的な自転車は最低5万円以上は欲しい所です。更に、長距離の自転車旅を想定するなら材質やコンポーネントに拘ってもいいと思います。

こだわりの故、溶けるようにお金が消えていくのはチャリダーの宿命か??

フロントフォークの材質がカーボンである事

一般的なクロスバイクの材質は、

  • カーボン
  • クロモリ
  • アルミ

のどれかで構成されています。

この中で一番優れているのが「カーボン」。軽くて丈夫、更に走行中の衝撃を吸収してくれるありがたい素材です。ただ、”コスト”の掛かった材質なので、必然的に価格に乗せられます。

全てカーボンで出来たチャリ(フルカーボンと呼ばれます)は20万円台でも格安な部類なので当時の僕にはムリ!(今でもムリ!)

ただし、カーボンにもメリット・デメリットがあるので、カーボンが何もかも優れているとは一概に言えません。自転車を使う目的に応じて、最適な材質を選択します。

自転車本体が7万円台でカーボンのフレームはありえません。ただ、キャノンデールのクイック4はこの値段帯では唯一、カーボン材質のフロントフォークを採用しています。。僕はここに惹かれました。

自転車旅で1日100km走ると想定すると、走行中の負担を少しでも軽減したいからです。フロントフォークが衝撃吸収に優れたカーボンであればタイヤから伝わる衝撃が分散されてハンドルを握る手が楽になります。

「街乗りと自転車旅」どちらでもイケる奴

街乗りでも自転車旅でも、これ一台でOK!なチャリが欲しかったのです。

ロードバイクは日帰りでツーリングしたり、マイカーと併用して走りたい所を走るスタイルに向いています。僕の場合、お値段の面から即落選しましたが「旅」のスタイルも違うベクトルの種類です。

でも、スタイリッシュでスピード出るんですよね、ロードは。一度乗ったらクロスやマウンテンバイクは乗れないって言う人の気持分かります。

街乗りだと、ビアンキの淡いカラーのクロスを良く見かけますね。乗ってる人もシャレオツです・ω・。

あとは単純にデザインの好みや見た目との相性

自分好みのデザインかどうかは重要です。材質やギアのコンポーネントなど、機能性とうまく折り合いつけないといけません。

特に、毎日乗るならなおさらですよね。

スポーツバイク選びはサイズが命

自転車にもサイズがあります。僕が買った2011クイック4の場合、S / M / L / XL のサイズがありました。

一応、身長から適したサイズがひと目で分かりますが、実際にお店のスタッフに見てもらうのが一番確実です。自転車にまたがってスタッフさんが適正サイズの判断を出していました。

僕は「Mサイズ」を選びましたが、スタッフさん曰く「自転車が推奨するスペックと実際に乗っての感じは別物。だから、自転車選びは試乗をすべき」との事。

一応、身長通りのサイズでしたがSかM、MかLなどビミョーなラインの人は結構いると思います。なんにせよ、確実なのはスポーツバイク店のスタッフに直に観てもらう事ですね。

自転車旅でのQUICK4のキャパシティについて

紅葉が綺麗な広島宮島の橋とキャノンデールクイック4

旅の時のクイック4はお尻ばかり写ってる(変態)

購入から半年後の11月に2週間弱の福岡⇒名古屋のチャリ旅を決行!その様子は、タビカチのカテゴリ欄「自転車旅行」で一部お伝えしています。

名古屋から大阪まで電車での輪行⇒大阪から福岡までフェリー(この間丸1日)。

その後、福岡から名古屋までひたすらQUICK4漕いでました(`・ω・´)途中、厳島神社に寄ったりしまなみ海道を渡って四国に上陸したりと、まー内容濃い旅でした。

この旅の道中、パンクトラブルはありましたが、自転車そのものへのダメージによる停滞は無かったので、十二分にお仕事してくれたのではないでしょうか。パンクは仕方がない。タビにパンクは付き物。

自転車旅を予定される皆さんは、パンクの応急処置は出来るようになってください。でないと後悔します(後悔した)。

基本、大きな国道や県道を選べばオフロードに遭う事はありません。路面でのトラブルはそうそうないでしょう。

安心してください、(酷道を除いて)日本の道は綺麗ですよ(*´ω`*)ドヤァ

強いて言えば、キャリアと自転車の接続の不具合による干渉が続いたり、自転車に装着した部品のひもがタイヤに干渉したりでトラブル可能性があります。ゼロではありません。

チャリ旅の心構えとして、日頃の準備を焦らない、走行中ちょっとでも違和感があったら直ぐ止まって原因を探る事が本当に大切です。これ怠ると大怪我しますからね。特に、初めてチャリ旅する方は”臆病”なくらいが丁度いいでしょう。

キャノンデール クイック4のSyurimp的評価

この項目、作ったはいいが、正直点数とか付けられるものではありません。というのも、僕自身クロスバイクの1台目がコイツだからです。他のクロスと乗り比べた事がないので、どれのどの部分がイイと客観的に判断できないのです。

クイック4に5年間乗って感じた不便というのは特にないのです。主に街乗りで使って、自転車旅らしい旅は2~3週間ほどでした。

フロントとリアにサイドバックを付けたフル装備のチャリ旅を長期でする予定なら、もうワンランク上のクロスでも良いと思います。そこまで頻繁に旅しないなら、クイック4でも十分なキャパシティがあります。(むしろ”思い入れ”というおつりが沢山やってきます)

結局は、自転車そのもののポテンシャルよりも、扱う人が定期的にメンテしているかが、乗り心地のほとんどを占めてると思います。週一で空気を入れたり、潤滑油を入れて滑らかさを維持したり、細かな話ですが継続的なメンテがチャリを良くも悪くもします。身も蓋もない話ですけど。

もしかしたら、僕自身メンテを怠った部分もあって劣化が早まったかもしれません。5年乗り続ければ十分って意見もあるでしょうけど、本当に大事にされてる方は10年、20年と愛車に乗り続けていますからね。

今は、徒歩で生活出来てますが、また新しい自転車に乗りたくなるでしょう。その時は、コイツの事を思い出しながら、毎日乗って定期的なメンテを施していきます。

ともあれ、5年間ありがとう!

〜 THANK YOU SO MACH CANNONDALE QUICK4 〜

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする