しまなみ海道サイクリングの記録をブログにまとめる

しまなみ海道の橋。尾道大橋や因島大橋、多々羅大橋などなど

今日のブログは橋たくさんでまっせ。橋フェチ歓喜!

〜 こんなタビ人に見てほしい 〜
 
  • 夏休みにデッカイ自転車旅行を企んでいるタビ人!
  • とりあえず四国でオススメの観光が知りたいタビ人!
  • オランダにも負けない快適なサイクリングを求めるタビ人!

こんにちは、タビカチです。九州から自転車旅行で広島⇒愛媛で向かったが、 僕が初めて四国に上陸した瞬間でした。その時にお世話になったのがしまなみ海道です。

しまなみ海道は本土と四国を結ぶ、全長70キロスケールの自動車道。ポイントごとに自然豊かな島が迎えてくれて、 天気が良い時のサイクリングは最高です!ツーリングの快適性も抜群な点も、 自転車旅行者にとって行きたくなる観光地です。

それでは、広島県は「尾道市」から愛媛県は「今治市」にまたがる、 チャリダー歓喜のアトラクションをご紹介しましょー

2015~16年はしまなみ海道料金割引!というかタダ

自動車と自転車・歩行者のレーンがしっかり分かれてるのも安心ポイント

自動車と自転車・歩行者のレーンがしっかり分かれてるのも安心ポイント

いきなりですが朗報です。

しまなみ海道は2015年から2016年3月31日まで無料で通行できます。

もうね、サイクリング好きは夏休みだろうが木枯らしが吹こうが行って下さい”笑

本来は、ひとつひとつの橋に通行料が設定されており、 広島〜今治にある9つの橋を全て通過するのに自転車だと500円ほど掛かります。

ですが、上記期間まで自転車の通行料がタダ! 浮いた500円で、道の駅のソフトクリームでも頬張りましょう!

しまなみ海道は、広島(尾道)〜愛媛(今治)の70キロの道のりを自転車だけで走れます(途中フェリーに乗る必要あり)。どんなプランでしまなみ海道を冒険するのか人それぞれ。その人の行きたいペースが一番のペースですね。

僕は1泊2日で走破しました。ガチガチのロードレーサーで3時間掛かるので、 僕のような荷物ガチガチな旅人チャリダーはゆっくり計画した方が無難です。

間違っても、 広島スタートでその日の宿を愛媛で取るとかやめて下さいね。 泣いちゃいますよ(・・)

また、しまなみ海道の道沿いは、温泉などの観光地としても栄えてます。もちろん、海道を旅する道中に宿がたくさんあるので寝泊まり場所の心配は一切ありません。

しまなみ海道を観光として広めている、「瀬戸内しまなみ海道振興協議会」では、 宿情報や観光地の情報が豊富にあるのでチェックすると良いですよ(^^)v

SHIMAP〈しまなみ海道観光マップ〉

宿泊施設や島の各所にある観光地、名所がまるわかりの観光ガイドです!

ちなみに、僕がしまなみ海道で泊まったホテルは、テント”笑

自転車の後輪に付いているでっかいバックにテント入れてます。自転車旅行にオススメのテントは、コチラを参照下さい。

⇒自転車旅行にピッタリのテントについて

ちなみに、リンク先の記事にある自転車に装着された赤いバッグですが、サイドバックと呼ばれるチャリダー御用達の収納バッグです。 本格的に自転車旅を考えてる方は完全防水仕様のサイドバッグオススメします!

僕が持ってるのはORTLIEB(オルトリーブ)です。別売りのアタッチメントをつければ、 普通のリュックサックに変身します!シャープな形でオシャレに使えるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

僕がしまなみ海道の自転車観光をおすすめする理由はインフラの良さ!

しまなみ海道では、尾道から今治の間に、 レンタルサイクルターミナルがあります。

ここでは自転車のレンタルや、車でお越しの方の為の駐車場があって、 いろんなケースでサイクリングしたい方に最適なプランを提供しています。チャリダーにとってのアジトですね(`・ω・´)ゞ

瀬戸内しまなみ海道振興協議会提供(画像の一部を加工しております)

瀬戸内しまなみ海道振興協議会提供(画像の一部を加工しております)

それぞれの島に最低1つのレンタルサイクルターミナルがあります。条件付きですが、 自転車を借りたターミナルと違う所で返却する事もできますので、 かなり自由度の高い自転車旅ができますね!

例えば、

  • 大島まで乗合バスで移動して、 大島から今治まで自転車乗ってみたい!とか
  • 尾道から因島まで車で移動⇒因島で車を駐める ⇒生口島までサイクリングして因島に戻るとか

しまなみ海道は、本当に自由度の高い組み合わせで、 サイクリングが楽しめます。

そして、レンタルサイクルでもう一つ面白い試みを行っています。

タンデム自転車がレンタルできるのです(^^)v

タンデム自転車とは、2人(3人もある)でサドルとペダルを一緒に動かして 進めていく自転車です。なんかカヌーみたいですね。

もちろん、二人の呼吸がひとつに合わさらないと、 使いこなすのは難しいです。しかし、レンタルターミナルでは、 公道でタンデム自転車の乗り方をレクチャーしてくれますのでご安心です。

ちなみに、こんな感じの自転車↓

こちらの本は、 タンデム自転車で世界一周をされた宇都宮ご夫妻の書籍です。 そして、なんと宇都宮さん(旦那さんの方)は愛媛県出身ではないですか!

宇都宮さんも愛媛県からしまなみ海道の良さを発信されていますので、 是非チェックして下さい!

シクロツーリズムしまなみ

自転車でしまなみを楽しむ楽しいコンテンツがたくさんあります

今回は以上です。

最後に、しまなみ海道をチャリ旅して撮った写真を載っけていきます〜。橋と自転車ばっかりですが、 でもそれがイイ(*^^*)

それでは、どうもありがとうございました!

〜次の島に来て道の駅でひと息してます〜

〜次の島に来て道の駅でひと息してます〜

〜迫力あります〜

〜迫力あります〜

〜この時はうず潮と会えなかったです〜

〜この時はうず潮と会えなかったです〜

〜しまなみ海道のタビお気に入りの一枚〜

〜しまなみ海道のタビお気に入りの一枚〜

〜もうすぐ夕暮れですね。。〜

〜もうすぐ夕暮れですね。。〜

  しまなみ海道の橋。尾道大橋や因島大橋、多々羅大橋などなど      

【自由を得るノウハウが凝縮されたタビカチメルマガはこちら!】

タビカチメルマガの内容

メルマガ会員さん限定サイト「タビカチClub」ではブログにない、旅行をライフワークにする具体的メソッドをお届けします。

タビカチメールマガジン登録ボタン

タビカチはSSL(データ通信の暗号セキュリティ)を施しています。
メールアドレス等、読者の重要な情報をしっかり保護する仕組みを整えていますので安心して登録下さい(*^^*)

3秒でできるメルマガ登録!
  1. 緑のボタンをクリックするとメルマガ登録フォームに行きます
  2. 名前はニックネームでもOKです!
  3. 「登録する」ボタンを押すと入力したメールアドレスに1通目のメールが届きます

メルマガではブログより濃い情報を発信してます。
ご登録お待ちしております(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする