どこにしようか迷ってます

Amazonのプラットフォームを使った個人輸入

個人で貿易を行うにはいくつかのプロセスが必要ですが、
Amazonのプラットフォームを使えば自身がなにもせずに
商品を売ることが出来ます。

AmazonFBAというサービスに登録した後は、いつでも
商品を仕入れることが出来ます。Amaozonの公式ページからFBAの詳細を
見ることが出来ます。

具体的には「なにか」する必要がありますが、
作業量は激減します。

とっても大まかですが、個人輸入のプロセスは以下のとおりです。

・商品選定(リサーチ)
どんな商品を仕入れるかを決めます。僕はまだ海外のAmazonしか
利用した事がないですが、慣れている方は中国の卸屋メーカーなど
一般人が利用しそうにない所から仕入れています。
売れる商品をどうリサーチするかが、作業時間や売上に大きく関わります。

・仕入れ
Amazonの場合は、海外でも日本と同じように購入します。
関税の計算などは自動的に行なってくれます。仕入先の国によって
掛かる関税が異なりますので、利益率に関わります。

・ラベル貼り
仕入れた商品にAmazonで用いるラベルを貼ります。
ラベル貼り自体を外注化すると更に時間を浮かせることが出来ます。
Amazon側でもラベル貼りを依頼することが出来ますので。要検討です。

・納品
Amazonの倉庫に送付します。オススメは「はこブーン」という
送付サービスです。近くにファミリーマートがある人は是非使ってみて下さい。

こう書くとシンプルではありますが、やることは最初はそれなりにあります。
作業をどう外注化(効率化)するかが肝となってきます。
初めは作業の質を覚えて外注のイメージを掴みましょう。

-どこにしようか迷ってます

Copyright© 良いものを坦々と紹介するブログ , 2019 All Rights Reserved.