どこにしようか迷ってます

アルバイトでも有給消化はできるのか?

休暇はどっか遠くに行きたい
〜有給取ったら非現実なところにいきたい〜

有給は取れないが当たり前!は、あり得ないです!

 

日本の会社で有給休暇を使いこなしている人はどの位いるんでしょうか?

 

 

労働側は、定められた有給は100パーセント取りたいはず。

 

反対に、出来れば有給消化を抑えて欲しいと経営者は思うに違いありません。
(その考えが悪いとは思いません。あくまで労使のバランスです。)

 

 

両者の妥協点が今どの位置にいるのか、それが有給消化に反映されていると思います。

 

 

就職活動をしてる学生さんも「会社四季報」など使って情報収集していますが、そこにも有給休暇の1年あたりの平均消化日数なんてものがあります。

 

結構就活するにあたって重要視するパロメータとか。有給はいつも一生懸命働いている自分へのご褒美的な要素ですよね〜。働く側として多いに越したことはありません。

 

ある意味、自分に対する会社からの評価が、給料や肩書とは違う形で与えられています。

 

 

〜〜〜〜〜〜

 

 

でも、それって正社員だけ (´・ω・`)?

 

 

いえいえ、アルバイトにも有給休暇は付与されるように法律で定められてます。

 

 

【参考リンク】
厚生労働省 有給休暇ハンドブック

 

ビジネスマナーと基礎知識(年次有給休暇)

 

 

有給休暇は、労働基準法第39条で定められています。管轄は厚生労働省です。
参考リンクの上が、厚生労働省による有給休暇のルールが分かりやすく書かれたハンドブックのページです。PDFファイルになってるので、対応してない方はAdbeリーダーをインストールしてから資料を観て下さいね。

 

下のリンクでも分かりやすく有給休暇について解説されています。

 

 

有給休暇を考える時に頭に入れて欲しいルールが2つあります。

 

 

・雇入れから6ヶ月間の継続勤務
・その間に8割以上の出勤

 

 

この2つです。両方の条件をクリアしないと、申請できない決まりになっています。

 

バイトに受かって、直ぐに有給を取ろうとしたり、ろくにシフトも守らず有給の事をギャーギャー言っても、法律から守られていません。まずは、しっかり半年間勤務しましょう ” 笑

 

 

有給休暇の話はそれからです。

 

 

ここで、厚生労働省が作成した「有給休暇ハンドブック」からアルバイトについての有給ガイドラインを引用します。

 

厚生労働省アルバイト有給休暇の解説
(画像引用:厚生労働省 有給休暇ハンドブック 3項 付与日数より)

 

 

ピンクの線は僕が付けた強調ラインです。

 

このように、アルバイトだと週辺りに入っているシフト日数や年間で働く日数によって有給休暇が取得できる日数が決まっています。

 

 

①に該当すれば、バイトを始めて半年後に7日間の有給が得られるので、1ヶ月に1回は有給を使えますね^^

 

 

 

有給休暇の理想と現実のギャップを埋める方法

ストレスある仕事は現実逃避したくなる
photo credit: Bliss via photopin (license)

 

そうした制度があるので、ある程度のシフトに入っていれば有給は取れます!めでたしめでたし!

 

 

 

とはいかないのが、日本の労働現場です(´・ω・`)

 

 

現実はそう甘くはない。ほとんどの、アルバイトの現場がそうなんです。

 

 

有給を申請しようものなら、店長に白い目で見られ、同じ現場で働いている同僚にも「無理だよ〜」ってなだめられる始末。

 

 

それもそのはずです。

 

 

だって、アルバイトがする仕事は、完全に効率的な配置になってるので、誰かが欠けてしまうと仕事が潤滑に回転しません。

 

 

誰かが休めば他の人の仕事量が増えて結果的に全体がパンクしてしまいます。

 

 

アルバイトに限らず一部のホワイトカラーのみなさんだって同じはずです。まぁ、業種や職種によってケースバイケースなので断言できませんが、少なくとも有給を見越して人材にゆとりを持つことは、大抵の企業は出来ないはずです。

 

 

 

なので、ほとんどの現場は、「誰か休めば他の誰かが埋め合わせなきゃいけない」。

 

Aさんが有給を取ればBさんが変わりに入らないといけない。Bさんが有給を取ればCさんが変わりにはいらないといけない。Cさんが有給を取れば。。。。。

 

 

この流れが永遠と続くわけです。

 

流れを止める事は、すなわち誰かが負担を背負い続けるわけです。

 

 

じゃあ、バイトは有給使えんのか?。。。。そんな結論も時期尚早です。

 

あくまで僕個人の意見ですが、アルバイトの人が有給休暇を使う現実的な方法ってこんなケースじゃないでしょうか???

 

もちろん職場によって全然違います。チェーン店など規模が大きな組織のアルバイトの場合、比較的当てはまるかもしれません。反対に、もっと小さな組織、さらには個人事業主のもとでバイトしている人はもっと細かな事情があるでしょう。休みなんて全く取れない職場もあれば、有給以上にいい思いができるお仕事もあるかもしれません。

 

 

 

◎普段のシフトでどうしても都合が悪い日に有給を使う

 

・・・熱が出たり腹痛になったり、どうしても仕事に出れない日が続くと休んだ分お給料も入りません。今やってるバイトだけが稼ぎならなおさらピンチです。

 

こうしたどうにもならない事情をバイトを管轄している人(たいがいは社員)にハッキリ伝えれば、有給をあてがう事はできるんじゃないでしょうか?

 

 

◎本来シフトに入ってない曜日に有給を使う

 

・・・シフト制のアルバイトなら、バイトの曜日とそうでない曜日で別れています。

 

そうでない曜日に有給を入れれば、その月の給料は「シフトに入った日数+有給を入れた日数」になります。有給を休みにつかうんじゃなくて、お金に換える発想ですね。

 

 

 

 

ただ、上の2例だと本来の有給の使い方と若干かけ離れています。

 

アルバイトだろうが、「連休に有給をくっつけて旅行に行きたい」といったポジティブな休暇の取り方はしたいに決まっている!

 

 

でも、誰かが休めばその負担が他のバイトさんにのしかかります。。。。。。板挟み、ジレンマですね(´・ω・`)

 

 

この問題は、同じバイト(パート)同士で話し合って解決するしかありません。もしかすると、その月だけもう少し時給が欲しくて、有給で抜けたあなたの穴を埋めたい人だっているかもしれませんから。

 

 

アルバイト同士が簡単にコミュニケーション取るツールとして僕がオススメしてるのが、LINE(ライン)のグループ機能です。

 

2015年にもなりゃ、ユーザー登録してる人もかなりいるはず。

 

一緒の時間帯に働くバイト(パート)の同僚と協力する。⇒ LINEグループを作って円滑にコミュニケーションが取れます。

 

休みが欲しい事をグループにチャットすれば、メンバーに共有されるので、代わりにシフトに入ってもらえる人を探す手間が少なくなりますよ^^

 

 

もちろん、アルバイト同士のコミュニケーションが現場で円滑だからこそ、グループチャット機能が発揮されますからね〜

 

 

アルバイトの日給を個人で稼ぐ事が出来れば有給休暇の議論をせずに済む!

 

 

一番は、アルバイトに変わる収益基盤を創る事です。

 

 

僕は、アフィリエイトサイトの作成や旅行関係の情報発信をしていますが、ひと月辺り2〜3万円の事業収益が入っています。

 

 

1日6時間の時給1000円のバイトなら5日分の有給休暇です。それが、1年続けば60日分の有給休暇です。

 

 

 

サイト製作は資産が積み上がっていくので、継続的に続ければ時期にアルバイトを超える収益も狙えます。

 

 

このブログを読んでいる読者の方は、いろんな理由でバイトをしてると思います。今は、バイトと個人事業を誰でも負担なく並行できる時代です。

 

有給休暇の有り無しでバイトを選んでいるなら、今はそれでOKです。

 

 

ですが、ゆくゆくはアルバイトを卒業して、個人で自立した生き方を目指して欲しいです。

 

アルバイトはあくまで充実した未来への下積み方法にするのが、これから先の幸せに繋がるんじゃないでしょうか?

 

 

メルマガでは、更に深堀りした考えや方法論などについて話しています。この話を聞いて興味をもって頂ければ、きっと役立つ情報が入っていると思います。是非ご登録下さい!

 

 

それでは、今回は以上です。ありがとうございました!

 

 

 

-どこにしようか迷ってます
-,

Copyright© 良いものを坦々と紹介するブログ , 2019 All Rights Reserved.